すしログ:名店の技を滋賀の地で活かす実力派!大津「自然坊たなか」

自然坊たなか暖簾

こんにちは、滋賀が大好きな、すしログ(@sushilog01)です。

さて、大津にある「自然坊たなか」さんは、僕が大好きな京都の名店「草喰なかひがし」ご出身で、長らく訪問したかった日本料理店です。

過去に2度トライしたものの、タイミングが悪くて訪問を逃していました。

その後、お店を移転されてリニューアルオープン。

すしログ
すしログ

悲願の訪問となったわけですが、期待を超える満足度でした。

食べログでは3.22ですが、明らかにおかしいです(笑)

すしログについて

★全国6,000軒以上を食べ歩く食好き
☆鮨の食べ歩きは15年以上のキャリア
Twitterでは幅広く、インスタでは鮨・魚介料理日本酒をポスト
☆「すしログ鮨会」のご案内は、すしログの公式LINEにて
★noteに、各種グルメマガジンを連載しています!
Substackでは、英語で鮨の魅力を発信中!

すしログライブラリー_アイキャッチ すしログの情報リンク【すしログライブラリー】

大津「自然坊たなか」の魅力とは?

「自然坊たなか」の田中大将は前述の通り京都の名店「草喰なかひがし」ご出身です。

10年ほど前に独立されたそうです(2024年2月時点の談)。

どこまで中東さんの影響があるのか楽しみに訪問したところ、換骨奪胎に長けており、実に良い塩梅でした。

中東さんの枠組や要素を活用しつつ、自己の表現を成し遂げておられ、敢えて訪問すべきお店だと実感。

滋賀には「徳山鮓」や「湖里庵」などの滋賀発酵文化を鮮烈に打ち出すお店もあれば、「行楽庵」のような京料理の色合いが強いお店、「魚石」や「湖香六根」のようなモダンな感性を採り入れたお店などなど、素晴らしいお店が点在しますが、「自然坊たなか」さんは何れのお店とは異なる唯一無二の個性を宿しています(たなかさん以外、敬称略にて恐縮)。


御料理は日本料理の要と言うべき椀の吸い地が秀逸で、八寸も中東流の影響が色濃く出ていて美しく美味しい。

八寸01

炭火の扱い方も絶妙で、キャリアと確かなセンスを感じる和食です。

手がかけられた素晴らしい御料理をたっぷり満喫させて頂き、お値段は非常に良心的。

都会から訪問すると感動しかありません。


ちなみに、田中大将は中東さんのように冗談を言いません(笑)

修行中も真面目だったそう。

しかし、「パリ」も「ニューヨーク」もあるので、「草喰なかひがし」さんは是非とも!

(分からない方は「草喰なかひがし」の記事をご参照ください)

「自然坊たなか」のコースの詳細について

「自然坊たなか」さんは昼も夜もコースのみで、それぞれ2つ用意されています。

お昼は4,500円、6,000円で違いは近江牛イチボ焼きの有無。

夜は7,000円、9,000円で違いは甘鯛松笠焼きなどの有無のようです。

僕は県外からの訪問なので、6,000円のコースを頂きましたが、牛肉にこだわりがない人ならば4,500円のコースでも大満足できるはずです。

なんてコストパフォーマンスの高さなんだろうか。


頂いた御料理の内容

  • 八寸
  • 椀:白味噌、海老芋
  • 焼きもの:モロコ、野洲産吉川ゴボウの漬け焼き
  • ヨコワの漬け、菜の花ソース
  • にえばな
  • 鰆の幽庵漬け蒸し、蕪、粕汁
  • 近江牛イチボの炭火焼き
  • お食事、香の物
  • 水菓子:金柑のシフォンケーキ

お酒については滋賀県内のものをそろえておられ、食事に寄り添うものばかりです。


この度頂いた銘柄

  • 喜多酒造(東近江市):六方 純米吟醸 別誂え
  • 岡村本家(豊郷町):金亀 緑 60 純米酒
  • 福井弥平商店(高島市):福のしずく 純米
お避け01
お避け02
お避け03

八寸

八寸01

五目豆、巻き寿司、鯖の燻製、椿赤蕪、ブロッコリーの唐墨和え、鰯の奉書焼き、出汁巻き玉子。

系譜らしい美しい八寸だ。

そして、季節感(二十四節気の雨水、節分の要素)を採り入れつつ、創作性を上品に加えている。

八寸02

五目豆は大豆出汁で炊いているそうで、実に美味。

豆の甘味が活きていて、豆自体も甘くて香りが良い。

ブロッコリーには出汁を含ませていて、唐墨との相性が高い。

椿赤蕪には炒り卵、干し柿、柚子を合わせていて、酸味を効かせた椿の中からとろんと干し柿の甘味が溢れて、これまた実に良い!

お店定番と言う鯖の燻製や鰯の奉書焼き、アオサ入りのトロトロ出汁巻き玉子など、全てが美味しい。

椀

この時期に白味噌を用いるのも系譜あるいは京都の影響を感じる。

椀種は海老芋で、クリームチーズ、蕪、人参と合わせている。

白味噌の甘味が前面に出ない端正な出汁の使い方に感嘆!

そして、クリームチーズの使い方も巧く、酸味とコクが合う。

全く下世話に感じない。

焼きもの:モロコ、野洲産吉川ゴボウの漬け焼き

モロコは流儀に則って焼かれる。

モロコ01

お分かりだろうか?

モロコ02

なかなか壮絶な絵面だが、これこそが琵琶湖のモロコの焼き方だ!

モロコ03

モロコは香り良く、ホロ苦くて甘い。

余韻の香りが良いなあ…喉から美味しさと郷愁がこみ上げてくるようだ。

焼きものに湖魚を用い、しかも小魚なのが琴線に触れる。

野洲産吉川ゴボウの漬け焼きも味わい深い。

ヨコワの漬け、菜の花ソース

ヨコワの漬け

ヨコワ(東京で言うメジマグロ)を五分漬けにして、菜の花のソースと合わせる粋な提供方法。

鮪の幼魚でありながら中トロの趣のある部位。

胡麻油の香りが食欲を刺激して、菜の花のホロ苦さと香りが良い。

菜の花ソースに芥子を用いている点も嬉しい。

胡麻油は山田製油のもの。

にえばな

にえばな

まず、香りが良い。

そして、味わいも甘くて瑞々しい。

それでいてぱらりとアルデンテに仕上げているにえばなで、これは美味しい。

にえばなを提供する料理店を巡っている方ならば、「おお!」と思う筈だ。

鰆の幽庵漬け蒸し、蕪、粕汁

粕汁

酒粕を前面に出さず、出汁の旨味や風味を活かして粘度はさらりとしている。

故に上品。

鰆の幽庵漬け蒸しを用いているのも良いが、椎茸、金時人参、芹に加えて、皮ごと素揚げした蕪を使用しているのが楽しい!

守山産の蕪は甘い!

鰆はしっとり感を残す火入れで、幽庵地から移した味わいも活きてくる。

調理法の組み合わせの妙にセンスを感じる。

酒粕は【喜楽長】の喜多酒造のものだそう。

近江牛イチボの炭火焼き

近江牛イチボの炭火焼き

牛肉の火入れが良い。

ソースにも工夫が光り、リンゴのソースを用い、干した山椒の素揚げと辛味大根を添えている。

近江牛の安定感ある美味しさは言わずもがなで、干した山椒の素揚げに感銘を覚えた。

牛肉料理で牛肉以外の油脂を用いていない点が好印象である(日本料理店なので)。

お食事、香の物

お食事、香の物01

お米は予想外にもミルキークイーン。

もっちりしていて、甘い…が、ぱらり!と炊かれている。

ご飯

炊飯の技術と一志郎窯の素晴らしさを実感する。

そして、余韻の香りや甘味が強くて長い。

一志郎窯の土鍋を愛用し、紹介記事を書いている人間として嬉しい限りの美味しさだ。

おかず

おかずは、ホタルイカと大根の炊いたん、ヒジキなめこお揚げ人参、菜っ葉とお揚げの炊いたん。

ご飯02

ご飯のおかわりは卵かけご飯、自家製エノキ添え。

パリ

「パリ」は、ミルキークイーンで作るとパンチが非常に強い。

水菓子:金柑のシフォンケーキ

水菓子

女将さんお手製の金柑のシフォンケーキ、金柑ジャム、ドライ金柑、とちおとめを添えて。

女将さんとの二人三脚が素敵である。

接客についてもお二人の掛け合いが温かい気持ちになり、素敵な時間を過ごさせて頂いた。

ただ、個人的には植物性の生クリームは外してしまっても良いかと思う。

コーヒー

最後はコーヒーでキリッと。

ご飯のタイミングでお茶も提供されるが、お店によっては和食であっても最後にコーヒーはアリだと思う。

「自然坊たなか」の立地と雰囲気

自然坊たなか外観

「自然坊たなか」さんは大津の市街地、アーケード街から少し外れた場所にあるので、静かで落ち着いています。

近くには琵琶湖疏水、観音堂があり、ちょっと行けば三井寺です(今や予約を取れなくなった鰻屋さん「う嵐」さんのそばです)。


お店の外には食欲をそそる炭の香りがふんわりと漂い、お伺いする前から期待が高まります。

店内は誰もが緊張感を抱くこと無く、それでいて御料理にじっくりと向き合える上質な雰囲気です。

「自然坊たなか」のお店情報と予約方法

「自然坊たなか」さんのお店情報は下記のとおりです。

予約については、お電話のみとなります。

ご夫婦お二人でされているので、営業時間外がベターだと思います。


自然坊たなか(食べログのリンク)

店名:自然坊たなか(じねんぼうたなか)

TEL:077-526-4555

住所:滋賀県大津市長等2-7-22

最寄駅:京阪石山坂本線・三井寺駅から350m、JR大津駅から1.2km

営業時間:12:00~15:00(入店は12:30まで)、18:00~22:30(入店は18:30まで)

定休日:火曜

関連する記事

文中で言及した素晴らしいお店たち

「草喰なかひがし」

八寸 日本が誇る「摘草料理」の名店!京都の至宝、草喰なかひがし

「徳山鮓」

すしログ日本料理編 No. 120 徳山鮓@余呉(滋賀県)

「湖里庵」

湖里庵カウンター すしログ:琵琶湖の素晴らしさと鮒鮓の美味しさに感動する名店!滋賀県マキノ「湖里庵(こりあん)」

「行楽庵」

行楽庵先付01 すしログ:精緻な包丁と美しい八寸に酔いしれる日本料理店!滋賀大津の「行楽庵」

「魚石」

すしログ日本料理編 No. 153 魚石@安土(滋賀県)

「湖香六根」

湖香六根山の白和え02 すしログ:滋賀食材の魅力を伝えてくれる美しき和食!東近江・五個荘の湖香六根(うかろっこん)

「う嵐」

う嵐鰻重 すしログ日本料理編 No. 197 う嵐@大津(滋賀県)


滋賀県が大好きな、すしログ(@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA