すしログ:沖縄でもレアな【生イラブー汁】を頂ける!南城市「浜珍丁」

浜珍丁看板

こんにちは、鮨ブロガーの、すしログ(@sushilog01)です。

以前、当ブログで絶賛の紹介をしたイラブー料理の「カナ」さん。

イラブー汁 すしログ:傑作!イラブー(海ヘビ)料理!沖縄の伝説の名店カナ

海ヘビ!?と聞いて驚く人も多いかもしれませんが、実際には極上の出汁を堪能出来る至高の食材です。

僕は「沖縄らしさ」をダイレクトに感じられる素晴らしい郷土食材だと思います。

そして、今回紹介する「浜珍丁」さんも素晴らしきお店の一つです。

40年以上の歴史を誇るお店ながら、食べログの口コミは2件で、スコアは3.04!

かたやGoogleマップは57件で4.1と言う高評価が付いています。

すしログ
すしログ

つまり、旅行者が滅多に訪問しないものの、地元の人に愛される「隠れた名店」だと思われます。

グルメな方には是非とも訪問して頂きたい珠玉のイラブー汁です!

すしログについて

★全国6,000軒以上を食べ歩く食好き
☆鮨の食べ歩きは15年以上のキャリア
Twitterでは幅広く、インスタでは鮨・魚介料理日本酒をポスト
☆「すしログ鮨会」のご案内は、すしログの公式LINEにて
★noteに、各種グルメマガジンを連載しています!
Substackでは、英語で鮨の魅力を発信中!

すしログライブラリー_アイキャッチ すしログの情報リンク【すしログライブラリー】

沖縄県南城市「浜珍丁」の魅力とは?

浜珍丁外観

「浜珍丁」さんは、沖縄南城市の馬天港にある魚介料理のお店です。

名物は目の前の港で揚がる朝どれの沖縄産の魚介。

そして、何はともあれ、非常に珍しい【生イラブー汁】は必食です!


店名の由来はマングローブの一種である「浜沈丁」。

ただ、「沈」と言う字は縁起が悪いと判断し、平仮名にしようとしていたところ、看板屋さんが勝手に「浜珍丁」と書いて今に至るそうです。

これは、僕が訪問するきっかけとなった「霧島酒造」さんの記事からの引用です。

浜珍丁内観

この記事が僕を惹きつけた理由は、【生イラブー汁】の稀少性のみならず、店主である嶺井 敬子さんの情熱です。

通常のイラブー汁は燻製のイラブーを使うところ、嶺井さんは生のイラブーを使用されています。

生のイラブーは臭みがあるので、試行錯誤された結果、抜群に美味しい【生イラブー汁】を完成されました。


生イラブーの仕込み(上記霧島酒造さんサイトからの引用)

  • 漁師さんから生きたイラブーが届く
  • 海水に1週間ほど漬ける
  • 洗って沸騰したお湯に入れて、薄いウロコを手で剥く
  • 冷凍しておいたイラブーを下茹でする。
  • 下茹での後に、新しい湯で煮込む
  • 金串を刺して脂を出す(イラブーのエキスを出す)
  • 大体3時間ほど煮る
  • 鰹出汁、豚出汁を加え、島マース(沖縄海塩)で味付けする
  • トッピングに昆布とテビチ(豚足)を添えて完成

料理が好きな人ならば、この工程を見ただけで胸がワクワクするのではないでしょうか?

「浜珍丁」の【生イラブー汁】を実食!

では、念願の【生イラブー汁】のレポートをお届けします。

生イラブー汁定食

港の魚介酒場だけあってお刺身も付いてきます。

サラダのドレッシングは一般的な胡麻ドレッシングですが、薄切りのゴーヤーが入っているところに沖縄感。

他にももずくや、漬け物に島らっきょうが入るところなど、沖縄の定食らしいおかずが付きます。

定食

さらに途中で追加のお刺身も登場し、ホスピタリティが嬉しい。

今朝釣れのミーバイ

今朝釣れのミーバイ

「ミーバイ」は沖縄でハタ類の魚を表す言葉で、沖縄でも高級魚だ。

軽く脱水しているのか、最初にみっちりした食感があるのが意外。

そして、ホロホロとほどけ、上品な旨味を楽しませてくれる。

生イラブー汁

生イラブー汁01

これは旨い!

ゼラチン質と旨味が凄い!

一口目からいきなり、「これはスープ料理の傑作だ!」とテンションが上がった。

生イラブー汁02

臭みは皆無で、とにかく旨味が強い!

鰹出汁、豚出汁ともバランス良く調和し、どの出汁が出すぎることもない。

また、燻製イラブーでなくても、香ばしいスモーキーフレイバーがあるところが興味深い。

生イラブー汁03

断面は魚肉ソーセージのようだが、これは何かお分かりだろうか?

非常に珍しい事に、イラブーの卵が詰められている。

卵の粒子は細かく、出汁として旨味は出ているものの、希少性を楽しませる嬉しい仕事が光っている。


上記の定食で3,000円。

仕込みの手間を考えると非常に良心的だと感じました。

これからも頑張ってください。

「浜珍丁」のお店情報と予約方法

「浜珍丁」さんは、お電話のみでの予約となります。

現在、お昼は基本的に営業されていないようなので、予約できたらラッキーなようです。

浜珍丁(食べログのリンク)

店名:浜珍丁(はまちんちょう)

予算の目安:生イラブー汁の定食3,000円ほど

TEL:098-947-2444

住所:沖縄県南城市佐敷津波古375-2

最寄駅:なし

営業時間:16:00~22:00

定休日:日曜 月曜

関連する記事

冒頭で言及したもう一つの名店「カナ」さん

イラブー汁 すしログ:傑作!イラブー(海ヘビ)料理!沖縄の伝説の名店カナ


和食とは異なる出汁文化に魅了される、すしログ(@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA