【秋冬だけの楽しみ!】とろ~りとろけて濃厚なモンドールは幸せの美味しさ

モンドール_アイキャッチ

こんにちは、実はチーズが大好きで国産・外国産ともに数10種類食べている、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

この度ご紹介するのは、これから「旬」を迎えるチーズ【モンドール】です。

【モンドール】は日本でも徐々に人気が高まっているものの、まだまだ知名度が高くないチーズ。

しかし!

他のチーズにはない魅力があり、一度知ってしまうと抗えないほどの美味しさなので、知らないのはもったいない。

本記事では【モンドール】の魅力をお伝えします。

アレオスモンドール02

また、市販品よりも数段上を行く美味しさの【モンドール】も見つけてしまったので、ご紹介します。

チーズ好きなら必食とも言えるチーズが【モンドール】なので、未体験の人は是非とも試してみてください。

 

モンドールとは?意味と魅力を解説!

モンドールとは、フランス・スイスで秋冬限定で作られるウォッシュタイプのチーズです。

もともとの意味はフランス語で「黄金の山」。

フランスとスイスの国境付近にある標高1,463mの山を指します。

 

チーズとしてのモンドールは、このエリアで作られ、フランスとスイスの両国でおなじみとなっています。

生産は毎年8月15日から翌年の3月15日までの期間限定で行われ、完全に手作り。

そして、9月10日から翌年5月10日まで売り切れるまで販売されます。

 

原料は牛のミルク(無殺菌乳)で、1キロのモンドールを作るのに7リットルものミルクが使われます

塩水で表面を拭きながら、約4週間熟成させる「ウォッシュタイプ」のチーズです。

さらに、メーカーで熟成を終えて出荷された後も、チーズ業者で2~3週間熟成させることが一般的です。

なので、日本に入ってくるのは毎年9月下旬以降になります。

 

出荷時に樹皮で作られた丸い木箱に収められ、これは「エピセア」と言う樹木の皮を用いるのがセオリーです。

店頭では、お客さんが熟成の程度を判別できるよう、木箱の蓋が外され、ラップやフィルムを張って陳列するのがお作法になっています。

モンドール02

表面には白カビが生えていて、チーズの見た目はクリーム色です。

これはもちろん食べても無害なカビです。

 

木箱に入っている理由は、チーズが非常に柔らかいためです。

冷蔵庫から出して室温に馴染むと、トロトロになっていきます。

形状を維持するために木箱で保管、流通されているわけですね。

▲目次へ戻る

モンドールの味の特徴とは?

初めての人が感じる味の特徴は、これら3点です。

  1. 濃厚なミルク感
  2. 強いコクと旨味
  3. 後を引く良い香り

モンドールの中でもクオリティに差はありますが、共通して言えるのは、1と2です。

「とろ~りとろけるチーズなのに、旨味が強い!」と思うはずです。

アレオスモンドール04

そして、ナッツを思わせるコクが舌に残り、思わずワインを飲みたくなります。

あるいはカンパーニュなどのハード系の香ばしいパンと合わせたくなるはず。

アレオスモンドール05

コクがあるのに全くしつこくなく、一口一口が甘美と言える味わいです。

うっとりします。

 

そして、美味しいだけでなく、香りも良いところが魅力です。

「ウォッシュタイプ」と聞くと「パンチのある香り」をイメージするかもしれませんが、モンドールの香りは上品です。

なので、ウォッシュチーズの魅力を知るには、うってつけだと思います。

チーズに詳しくない人でも、市販の「とろけるチーズ」とは別次元の複雑な旨味と香りに、本格的なチーズの魅力に惹きつけられるはず。

 

ちなみに、モンドールは暑さに弱いた夏場は作られません。

では、夏はどうしているのか?

実は、同じミルクで有名な【コンテ】を作っているそうです。

コンテは日持ちするハードチーズなので、よく考えられていますね。

また、旨味の強いコンテと同じミルクだからモンドールも美味しいのだと納得です。

代表的なモンドールのメーカー

最も有名なメーカーは、バドーズ社とアルノー社です。

モンドール01

▲バドーズ社製AOPモンドール

日本では、こちらのバドーズ社の方が多く見かける印象です。

バドーズ社の箱がカラフルなのに対して、アルノー社の箱はシンプルなので、見分けるのは容易です。

 

味の違いとしては、アルノー社の方がクセが無くアッサリしていて、バドーズ社はコクが強めで追熟や「フォンドール」に向いている気がします(※フォンドールとは、チーズフォンデュ的に食べる方法)。

 

バドーズ社とアルノー社で結構味が違うので、食べ比べると面白いです。

好みが分かれるので、自分の好みはどちらか試してみてください。

created by Rinker
バドーズ
¥3,380 (2021/10/19 23:27:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

さて、次に「とっておきのモンドール」をご紹介します。

それは熟成士・フィリップ・アレオス氏のモンドールです。

数量限定のため入手難易度が高く、お値段も張りますが、レストランで頼んだら1万円を軽く超えるクオリティです。

と言うか、レストランでもここまでのクオリティのモンドールに出会ったことがありません。

▲目次へ戻る

絶品!フィリップ・アレオス氏のモンドール

以前、【エポワス】と【サン・フェリシアン】と言うチーズでお世話になった、アレオス氏。

衝撃的な美味しさのチーズ!フィリップ・アレオス氏のエポワスとサン・フェリシアン

フランスでは高名なチーズの熟成士です。

 

アレオス氏のチーズは普通のチーズよりもお値段が張るのですが、味が明らかに美味しい。

ビックリするほど他では味わえないチーズなので、【モンドール】も気になりました。

アレオスモンドール01

フィリップ・アレオス氏のモンドールは1個6,480円もします。

通常のモンドールが3,200円~4,300円なので、2倍~1.5倍のお値段です。

もちろん発注時に躊躇しましたが、意を決して発注…

食べた瞬間に「美味しい…!確かに価格の価値がある!」と感動しました。

試して良かった!

熟成モンドールの美味しさについて

まず、開封時の香りが抜群です!

アレオスモンドール02

間違い無く今までに食べたモンドールの中で最高峰の香り。

チーズの楽しみの一つは香りなので、これは良いぞと直感しました。

 

頂いてみると、モンドールらしく「とろり」としていますが、一般的なものよりも密度が高く「どろっ」とした濃密な感じもあります。

そして、その食感通りの濃厚な味わい!

アレオスモンドール03

熟成が掛けられているので凝縮感のある味で、濃厚なコクに感動しました。

一言で、旨い!

 

ウォッシュタイプは熟成が進むと苦味を持つもので、このモンドールもほのかな苦味があります。

そして、温度高まると苦味を感じやすくなります。

しかし、旨味が圧倒的なので苦味が決して悪くありません。

 

これは高くとも本当に買って良かったと思うモンドールでした。

 

コクが強いので「フォンドール」で頂くと更に強烈な旨味を味わえます。

フォンドール01

「フォンドール」は少なくなったモンドールに、辛口の白ワインを混ぜて、200℃のオーブンで表面が色づくまで焼いて作ります。

「チーズフォンデュ」と同じように、野菜やソーセージなどを付けて頂きます。

フォンドール02

1箱で2度美味しいのが、モンドールの魅力です!

 

▲目次へ戻る

フルム・ド・モンブリゾンAOP

折角なので、モンドール以外にも2つオーダーしました。

そのうちの一つが、アレオス氏の手による【フルム・ド・モンブリゾン】。

日本で中々手に入らないチーズを選びました。

フルム・ド・モンブリゾン10

この通りブルーチーズなのですが、熟成がバシッと掛けられています。

フルム・ド・モンブリゾン02

ブルーらしい香りがしっかりしていますが、ブルー特有のビリビリ感は無く、これまた旨味が強いです。

複雑な香りと旨味に魅了されました。

フルム・ド・モンブリゾン03

これはフランスのチーズの奥深さを痛感させてくれるチーズです。

コンテAOP

そして、モンドールつながりで【コンテ】も入手。

アレオス氏の熟成チーズではありませんが、同じ場所で作られたチーズなので、ちょっと面白い食べ比べです。

コンテ

【コンテ】はクセが無く旨味が強いので、多くの日本人が好きな味です。

ワインにもビールにも合う味なので、おつまみにピッタリなチーズです。

 

ご紹介した3つのチーズを食べてみれば、チーズの奥深さに触れられるはずです!

本格的なチーズは知れば知るほど楽しくなります。

まとめと美味しいモンドールを買える場所・方法

本記事でモンドールの魅力が伝わったならば幸いです。

本当に美味しいチーズなので、未体験の人は是非とも試してみてください。

ワイン好きはもちろん、お子さんも好きな味なのではないかと思います。

 

モンドールを購入できる場所としては、各百貨店のデパ地下と成城石井が挙げられます。

前者はお高めなことが多いので、リアル店舗だと成城石井がオススメです。

 

ご紹介したバドーズ社とアルノー社のモンドールについては、各種ネットショッピングで購入可能です。

価格は割とリーズナブルなので、近場に成城石井が無い方や行くのが面倒な方はご参考に。

created by Rinker
バドーズ
¥3,380 (2021/10/19 23:27:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

そして、イチオシのアレオス氏熟成のモンドールは、オーダーチーズのみで入手可能です。

▶フィリップ・アレオス氏熟成モンドール

 

関連する記事

アレオス氏の【エポワス】と【サン・フェリシアン】の記事

衝撃的な美味しさのチーズ!フィリップ・アレオス氏のエポワスとサン・フェリシアン

オーダーチーズでオススメの【フォンデュラッペ】の記事

ブログアイキャッチ レストランの味を簡単に楽しめる!失敗しないチーズフォンデュ専用チーズ

 

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA