すしログ:山形駅近くで山形名物の【板そば】と蕎麦前を楽しむ「そば処 庄司屋」

庄司屋外観

こんにちは、蕎麦の人気を高めたい、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

今回ご紹介するお店は、山形で160年ほどの歴史を誇る、老舗のお蕎麦屋さんです。

創業を慶応年間(1865年~1868年)まで遡り、山形城三の丸で蕎麦茶屋として始まったそうなので、歴史好きとしては訪問マスト。

結果的に、誰もが満足出来る安定感のある蕎麦だと感じました。

すしログ

地酒を揃えていて、酒肴が美味しい、蕎麦前も楽しめるお店!

【十四代】を置いてあるうえにリーズナブルな点にも驚きました。

お酒メニュー

すしログについて

★全国6,000軒以上を食べ歩く食好き
☆鮨の食べ歩きは15年以上のキャリア
Twitterでは幅広く、インスタでは鮨・魚介料理日本酒
☆「すしログ鮨会」のご案内は、すしログの公式LINEにて
★noteに、各種グルメマガジンを連載しています!

「そば処 庄司屋」の蕎麦について

こちらの一番人気は、通常の【といちそば】と【さらしなそば】の【相盛り】とのことです。

メニュー

ただ、全国で蕎麦を食べ込んでいる知人から、「さらしなはイマイチ」と聞いていました。

なので、【板そば】を頼み、【といちそば】に徹しました。

 

1人で【板そば】はボリューミーでしたが、妙に美味しいのでノンストップで頂きました。

妻の分の【板そば】も頂くことになり、蕎麦とは思えないほど満腹になりましたが…

後になって、【板そば】は【もりそば】の2倍量との事を知りました。

都内のお店よりもデフォルトで多いため、結果的に妻の分と合わせて都内量の5枚分くらいを食べた気がします(笑)

 

この度頂いたもの

  • にしん皿(小) 750円
  • 板そば 1,550円
  • 五薫(山形そば屋の隠し酒・限定特別純米酒) 910円

 

山形の魅力的な日本酒が多数あるので、蕎麦前をせずにはいられません。

メニュー2

 

五薫(山形そば屋の隠し酒・限定特別純米酒)

五薫(山形そば屋の隠し酒・限定特別純米酒)

お米の味わいがしっかり活きている純米酒で、これは食事に寄り添う酒だ。

酸味が穏やかで、甘味と苦味が調和する。

香りは穏やかなのも、お蕎麦屋さんでは好ましい。

お酒を頼むと頂ける【蕎麦味噌】も良きアテだ。

蕎麦味噌

胡麻と唐辛子入りなところが個性的。

 

にしん皿(小)

にしん皿(小)

しっとりと仕上げられていて、香りが良いにしん。

濃い味付けだが、見た目ほどには甘辛くない。

 

板そば

板そば01

麺が太いものの、端正な印象を与える外一の蕎麦。

食感の強さが特徴的で、もぎゅっもぎゅっと力強い。

一本一本が太く、存在感がある。

板そば02

香りはふんわりと漂い、上品。

甘味は穏やか。

食感第一の蕎麦なので、一気に食べると爽快感がある。

ツユ

ツユは甘味が控えめで、醤油のアタックも穏やか。

出汁、醤油、甘味が穏やかに調和しつつ野暮ッたくない味わいだ。

土佐鰹の本節、利尻昆布を使っているそうで、面白い組み合わせ。

薬味

ネギの切りつけは大ざっぱで、山葵は混ぜ山葵。

この点については、グルメサイトを見ても、例によって指摘している食べ手は皆無である。

蕎麦湯は蕎麦粉を添加しないナチュラルタイプで好ましい。

 

総じて、山形駅近くで【板そば】を食べたい方、蕎麦前で旅情を味わいたい方には、申し分無くオススメ出来ます。

 

「そば処 庄司屋」のお店情報と予約方法

「そば処 庄司屋」さんは、お電話での予約が可能です。

また、支店の「御殿堰七日町店」があります。

 

そば処 庄司屋(食べログのリンク)

店名:そば処 庄司屋(そばどころ しょうじや)

予算の目安:もりそば800円、板そば1,550円など

住所:山形県山形市幸町14-28

最寄駅:山形駅から800m

TEL:023-622-1380

営業時間:11:00〜16:00(LO15:30)、17:00〜20:30(LO20:00)

定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)

 

長野旅行では蕎麦を食すべし、と強く念じる、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA