すしログ:全国屈指の鮎料理店!鮎で感動したい人は島根日原の美加登家へ!

美加登家看板

※日本料理編 No. 93に最新記事を追加し、大幅リライトしました

こんにちは、鮨ブロガーであり鮎が大好物の、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

島根県の内陸部である津和野町日原にちはらにあり、決してアクセスが良いとは言えないのに、全国から食通を惹きつける名店中の名店があります。

その名も貫禄十分、美加登家みかどや

かつて島根県からご発注頂いた取材依頼でお伺いして、深い感動を覚えました。

▼取材記事

今が旬の鮎を味わう!島根の清流「高津川」を巡る食旅

 

そして、今回再訪して美加登家の素晴らしさを改めて実感しました。

すしログ

日本人ならば死ぬまでに一回伺った方が良いと真剣に思うのが、美加登家さんです!

全国で一つだけ!美加登家の鮎料理が凄い理由

美加登家が凄い理由は、使用する鮎のクオリティの高さもあり、それについては後ほど詳しくご紹介します。

美加登家の鮎料理が凄い理由

それ以上に僕が凄いと感じているので、美加登家に伝わる鮎料理の仕事です。

美加登家鮎の塩焼き01

鮎の魅力をあますところなく引き出す調理には目をみはるものがあります。

特に、内臓の塩漬けである【うるか】を駆使する御料理は、初めて頂いた人のほぼ全てが驚くはず。

「苦くて、クセが強い」イメージの【うるか】を巧みに調味料のように使われるので。

美加登家強肴:うるか味噌揚げ

そして、調理には奇抜なところや過剰な足し算が全くありません。

個性的な御料理を作るとしても奇抜な事を行わず、鮎の特性を熟知して料理されています。

研ぎ澄まされた感性に基づく調理。

その結果、美加登家の鮎料理は、鮎に苦手意識を持つ人すら魅了します

 

鮎は古来より日本人に愛されてきた魚。

美加登家の鮎料理は古来の貴人ですら口にできなかった至高の鮎料理だと思いますので、我々現代人が頂けるのは本当に幸せなことです。

 

鮎は当て字を用いると「香魚」と書きます。

この理由は養殖モノの鮎では体感しづらく、天然モノを頂いて痛感します。

多くの「鮎嫌い」な方が挙げる苦手な理由は、大体下記のようなものでしょう。

  • 生臭い
  • 骨が当たる
  • 海の魚の方が美味しい

これらは美加登家のような名店で天然モノの鮎を頂くと、全く別物であったのだと気づき、鮎の魅力に引き込まれるのは間違いありません。

結果的に以下のような印象になるでしょう。

  • 香りが良い!
  • 骨が気にならず、頭ごと食べられる!
  • 海の魚とは異なる魅力がある!

▲目次へ戻る

美加登家の歴史

さて、美加登家の創業は1934年(昭和9年)です。

島根県の山奥でのビジネスとして考えると、信じられない老舗だと言えるでしょう。

現在は先代2代目女将の山根紀江さんと、紀江さんの甥であり3代目板長の山根一朗さん、奥さんで若女将の由香さんが切り盛りされています。

女将さん、若女将の接客は非常に明るく、心が和みます。

その上、山根一朗さんも素敵な笑顔の方なので、ご家族全員が素敵だと感じています。

4代目板長となるご子息は京都の名店・緒方さんで修業中とのこと。

どうやら「美加登家の味」が継承されるようで、ファンとしては安心しています。

 

実は、美加登家は東京の新橋に支店を持っておられました。

屋号を「鮎正」と言い、1963年(昭和38年)に美加登家の創業者である山根正明さんが開きました。

日原は如何せん遠いので、「東京人にも高津川の天然鮎の美味しさを知って欲しい」と言う一心で開業されました。

当初は日原から鮎を移送するのに大変な苦労をされたそうですが、東京でも名店として認知され、息子の山根恒貴さんが2代目を継がれました。

以前、美加登家を訪問した際(2017年6月)に「鮎正にも是非訪問されてください」と聞き、訪問しようと考えていたところ、2018年12月に閉店されてしまったのです。

山根恒貴さんの体調不良が理由とのことで、残念です。

「鮎正」の閉店に伴い、東京には鮎の上質なコースを出すお店が無くなってしまったので。

 

しかし、美加登家は遠くとも東京からお伺いする価値のある名店だと、2度の訪問で確信しています。

すしログ

未来永劫残り続けて欲しい、日本料理の至宝だと思います!

▲目次へ戻る

 

日本に残された清流、高津川の鮎の美味しさ

美加登家で使用する鮎は、そばを流れる高津川の鮎です。

f:id:edomae-sushi:20170809220905j:plain

高津川は日本で唯一ダムのない一級河川で、水質の高さで知られています。

樹齢1,000年を超す一本杉の根元に湧く泉「大蛇ケ池」が水源で、これはスサノオノミコトに討たれたヤマタノオロチの魂が宿っていると言う、神話の国・島根らしい伝承があります。

 

高津川は国土交通省が水質を調査する「清流日本一」に複数回選ばれていて、数年間王座を陥落したあとに返り咲き、地元の方の努力が偲ばれる河川です。

 

そのおかげで、間違い無くクオリティの高い鮎を頂けます。

雑味が全く無く、鮎らしい香りが上品も楽しめて、脂も程良く乗っている鮎を頂けます。

現地では一般的に、高津川本流の方は旨味に、支流の匹見川の方は香りに妙があるとの評価があります。

どちらが好みか食べ比べをすると面白いかもしれません。

 

美加登家では高津川本流の鮎に絞り、しかもエリアを限定して仕入れておられます。

さらには、数10匹の中から選りすぐってお客さんに提供されています。

結果として、「清流日本一」の高津川の中でもエリート中のエリートを頂けるのが、美加登家の鮎と言えます。

 

ちなみに、食好きな方でも鮎の生態を知らずに食べている方がいらっしゃるので、一応、記載しておきます。

鮎は秋に孵化した後、川の流れに乗って海に出て、プランクトンを食べて成長します。

そして、春に生まれた川へ戻ります。

川に戻った鮎の主食は、川の岩に生える苔。

苔を食べるため、「キュウリ香」とか「スイカ香」と呼ばれる鮎特有の爽やかな香りを纏うのです。

苔は川の水質や水流の状態の影響を大きく受けるので、鮎の味わいは川によって大きく異なるわけですね。

 

高津川はサステイナビリティが徹底されていて、漁期と子持ち鮎の漁獲が制限されています。

しかし、過去に比べて漁獲量が下がっています。

15年前は年間150トンほどあったものの、現在は47トンほどになり毎年増減を繰り返しています。

原因は乱獲ではなく、台風や大雨、気候の変化が主な理由のようです。

自然はどうしようもありませんが、消費者としては頂く時に感謝の念を忘れないでいたいものですね。

 

特に都会に住んでいると食材への感謝の念が薄れ、単なる「料理」として考えがちですが、食材と自然あっての食事ですから…

僕もこのように書く事で、自分を戒めたいと思うばかりです。

▲目次へ戻る

 

美加登家の立地と雰囲気

美加登家の立地はたびたび出てきている通り島根県の日原という場所にあります。

数々の食通をして「行きづらい場所」と言われますが、皆足を運ぶところが美加登家の凄さです。

御料理が美味しいことがもちろん主要因ですが、雰囲気が良いところも、遠方から足を運ぶ理由の一つです。

美加登家外観

創業時は料理旅館だったので、威風堂々、大変趣のある建物です。

到着した瞬間に期待が高まる風格ですね。

f:id:edomae-sushi:20170809213951j:plain

尚、建物は1953年(昭和28年)に建てられた旅館であり、奥には1932年(昭和7年)当時の「旧館」も残っています。

現在は料理のみ提供されておりますが、往時を偲ばせる雰囲気もまた、唯一無二の魅力かと思います。

旧館は1932年(昭和7年)に建てられたそうなので、お店の創業よりも前。

本館も1953年(昭和28年)の建造と伺いました。

f:id:edomae-sushi:20170809213953j:plain

室内は使われている木材の質が高く、欄間も職人の腕を感じさせるものなので、優雅な時間を楽しめます。

こちらの空間に浸り、選び抜かれた鮎の御料理を頂いていると、遠方から伺って良かったと強く実感します。

▲目次へ戻る

 

美加登家が誇る、絶品!天然鮎コースの詳細

天然鮎のコースは6月から9月末までの期間限定です。

6月は香りが最も強く、7月以降は次第に脂が乗り、魚体も大きくなるところが特徴です。

コースは2つご用意されていて、11,000円、16,500円(税込、サービス料別途)となります。

 

ちなみに、他の時期も含めたコースの概要は以下の通りです。

  • 島根和牛と花山椒鍋会席コース 時価(4月中旬~5月中旬)
  • 高津川産天然すっぽんコース 18,150円(9月1日~9月30日)
  • 子持ち鮎 生あぶりコース 16,500円~19,800円
  • 松茸と子持ち鮎のコース 33,000円~(10月中旬より)
  • 会席料理11,000円、16,500円(12月~5月)
  • ふぐコース養殖 16,500円~
  • ふぐコース天然 33,000円~

2021年6月の訪問記事:天然鮎コース(16,500円)の内容

天然鮎コース(16,500円)の内容はこちらです。

  • 珍味:子うるか、苦うるか
  • 御造り:鮎の背ごし
  • 御椀:炭火焼き若鮎と冬瓜
  • 焼きもの:鮎の塩焼き×3尾
  • 煮もの:うるか茄子
  • 強肴:うるか味噌揚げ、鮎の骨せんべい
  • 酢のもの:鮎昆布〆、胡瓜、山芋、トマト
  • お食事:鮎めし、稚鮎の白味噌仕立て、香の物
  • 水菓子:青梅の甘露煮のかき氷

 

この度頂いたお酒

古橋酒造、初陣純米吟醸

古橋酒造、初陣純米吟醸

鮎酒

美加登家鮎酒

 

珍味:子うるか、苦うるか

美加登家珍味:子うるか苦うるか01

鮎の器が可愛らしい。

…がサメに見えるのは気のせい??

美加登家珍味:子うるか苦うるか02

子うるか(奥)は食感が良い。

オスの精巣とメスの卵巣を使用しているため、ぷるぷるな食感とプチプチする食感を楽しめる。

苦うるか(鮎の器)は秀逸の一言。

香りが抜群!

 

御造り:鮎の背ごし

美加登家御造り:鮎の背ごし

初手から漂う香りが爽やか!!

お腹周りは脂があり、香りにも野趣が加わる。

旨みの強さに驚くせごしである。

美加登家御造り:鮎の背ごし02

水気を切って頂く。

薬味は茗荷、紫蘇の芽、高津川産の山葵。

 

椀:炭火焼き若鮎と冬瓜

美加登家椀:炭火焼き若鮎と冬瓜

洗練された吸い地に感動する。

利尻昆布と鮎の調和が素晴らしい。

鮎の旨味が強く、それを引き立てる出汁であり、塩気も完璧。

吸い口は酢橘で、洗練された椀。

 

焼きもの:鮎の塩焼き×3尾

美加登家鮎の塩焼き01

肝の香りが強く、旨味もしっかりしている。

「まだ小ぶり」との事であったが、香りを楽しめるのは十分嬉しい。

美加登家鮎の塩焼き02

また、特筆すべきは苦味が爽やかであるところ。

喉に残る苦味と旨味が印象的で、常に香りを楽しませてくれる。

美加登家鮎の塩焼き03

ちなみに、こちらは蓼酢も美味しい。

鮎と上品に乳化するような妙味がある。

無思慮に作り蛇足となる蓼酢もある中、大変魅力的だ。

 

煮もの:うるか茄子

煮もの:うるか茄子01

うるかのホロ苦さと香りを纏った茄子。

実山椒が利いていて、シンプルに旨く、香りも楽しませる。

煮もの:うるか茄子02

ご飯に乗せて頂くと、なんとも郷愁を誘う喜びがある。

童心に帰ったかのような喜びだが、味わいはあくまでも大人の味だ。

 

強肴:うるか味噌揚げ、鮎の骨せんべい

美加登家強肴:うるか味噌揚げ

白眉!

うるかをたっぷりと使用しつつ、香りと苦みが熱で穏やかになり、衣と一体化する。

ガリガリサクサクな衣の食感も良い。

これは本当に素晴らしい作品である。

 

酢のもの:鮎昆布〆、胡瓜、山芋、トマト

美加登家酢のもの:鮎昆布〆、胡瓜、山芋、トマト

ここで登場する鮎の〆もの!

流れが嬉しいし、〆方が良い。

割としっかり目に昆布で〆ているのに、野暮ったさが皆無で、鮎の魅力を封じ込めている。

調味料は鮎出汁の土佐酢か?

 

お食事:鮎めし、稚鮎の白味噌仕立て、香の物

美加登家お食事:鮎めし、稚鮎の白味噌仕立て、香の物

こちらの鮎めしは絶品。

美加登家鮎めし

鮎の香りが本当に良い。

白味噌仕立ての椀も素晴らしい味わいで、小鮎が入っているのが嬉しい。

美加登家香の物

もちろん香の物まで美味しい。

 

水菓子:青梅の甘露煮のかき氷

美加登家水菓子:青梅の甘露煮のかき氷

大変爽やかな水菓子。

鮎の後に嬉しい味わい。

▲目次へ戻る

2017年6月の訪問記事

基本的にコースの内容は同じですが、一部提供方法が違うので、見比べてみると面白いかもしれません。

f:id:edomae-sushi:20170809214002j:plain

下森酒造・平家の里・純米吟醸、

古橋酒造・初陣・純米(塩焼きに合わせて)、初陣・純米吟醸。

 

鮎酒(古橋酒造&美加登家)

f:id:edomae-sushi:20170809214014j:plain

お酒に鮎の旨味と風味がじわじわと滲む。

 

頂いた御料理は下記の通りです。

 

子うるか、苦うるか

f:id:edomae-sushi:20170809213957j:plain

f:id:edomae-sushi:20170809213958j:plain

子うるかは、特有のぷにゅぷにゅな食感を噛み締めれば、香りと旨味が高まる。

こちらは発酵させていないので、さっぱりした味わい。

f:id:edomae-sushi:20170809213959j:plain

反面、肝を発酵させたうるかはパンチのある味わい。

ストレートな苦味が走り、鋭さがあるものの、旨味はしっかり。

鮎の香りも楽しめる。

一般的なうるかよりも塩分濃度が低いところが魅力。

 

鮎の背ごし

f:id:edomae-sushi:20170809214003j:plain

旨味に加えて香りが強い!

香りの源泉たる肝が付いていないのに、香りを十分楽しめる。

強い甘みが舌に広がった後、苔の壮快な香りが鼻に抜け、軽い苦味が味を引き締め、柔らかな甘みが余韻として残る。

f:id:edomae-sushi:20170809214004j:plain

甘みの伝達が波状的で、非常に感銘を覚える味わいの背ごし。

繊維質のほどけも良い。

尚、使用する山葵は安蔵寺山(あぞうじさん)の麓のもの。

鋭い辛みの底に柔らかな甘みがある。

島根県と言えば「匹見山葵」も有名だが、こちらも美味。

 

鮎の清汁仕立て

f:id:edomae-sushi:20170809214008j:plain

 

f:id:edomae-sushi:20170809214009j:plain

吸い地は鰹、昆布、酢橘を軽く絞り、塩気は控え目。

椀種は冬瓜。

鮎は小さいが甘みがあり、冬瓜が腕に野趣を添えている。

小体な鮎の柔らかな旨味が次の焼きものへの期待を否応無しに高めてくれる。

 

鮎の塩焼き

f:id:edomae-sushi:20170809214005j:plain

前述の通り、こちらは高津川の鮎の中でも上モノを入れている次第だが、焼きものに使う鮎は更に厳選しているとの事。

4名で伺ったところ、20尾から8尾を選び抜いているそう。

f:id:edomae-sushi:20170809214006j:plain

頂いてみると、圧倒的な旨味、甘みで、香りも強く残る。

身はホロホロ、皮はパリパリ、振り塩はベストとも言える塩梅。

高津川の鮎の美味しさと共に、卓越した焼きの技術を体感させられ、鮮烈な印象を覚えた。

 

うるか茄子

f:id:edomae-sushi:20170809214000j:plain

うるかの魅力がギュッと詰まった茄子の煮もの。

酒と味醂の甘みにうるかの苦味が滲んだ味の強い一品だが、茄子の瑞々しい風味がクッションになる。

甘みと苦味のバランスが堪らない。

f:id:edomae-sushi:20170809214001j:plain

残った煮汁はご飯に掛けて頂く。

ある時に常連さんが所望されて編み出された提供方法だ。

 

鮎の揚げもの

f:id:edomae-sushi:20170809214010j:plain

こちらもうるかを用いた揚げもので、強めに利かせたうるかが油に合う。

衣はひたすらサクサクで、身はホロホロ。

 

鮎の酢のもの

f:id:edomae-sushi:20170809214007j:plain

〆に用いる昆布の使い方が巧く、鮎の旨味が凝縮されている。

土佐酢は甘みが控えめで上品な味わいで、酸味と鮎の旨味が綺麗に馴染む。

結構強めに〆ているが、しっとりな食感を残している点も良い。

 

鮎めし

f:id:edomae-sushi:20170809214011j:plain

鮎の香りと旨味に満ち溢れたごはん。

f:id:edomae-sushi:20170809214012j:plain

一粒一粒に鮎の存在感が染みわたり、お米の甘みと鮎の風味が一体化。

たっぷり用いられた鮎は全ての骨が取り除かれている。

卓越した味わいの鮎ご飯である。

f:id:edomae-sushi:20170809214013j:plain

留め椀の白味噌の塩梅も上品で、香の物も美味い。

 

水菓子

f:id:edomae-sushi:20170809214015j:plain

青梅と氷。実に爽やかな〆となる。

 

美加登家さんのお店の情報と予約方法

予約についてはお電話のみとなります。

鮎のシーズンは人気が集中する可能性が高いので、前もって予約するのが必須です。

平日なども対象にすると選択肢が大きく広がります。

 

美加登家(食べログのリンク)

店名:美加登家(みかどや)

予算の目安:鮎のコースは11,000円、16,500円(税込、サービス料別途)、他に会席料理11,000円、16,500円など

TEL:0856-74-0341

住所:島根県鹿足郡津和野町日原221-2

最寄駅:日原駅から1,700m

営業時間:11:30〜13:00(最終入店)、17:00〜19:00(最終入店)

定休日:毎週月曜

※2名以上の完全予約制となります

 

【関連する記事】

素晴らしい鮎のコースを出されるお店たち

御料理ふじ居(富山県)

ふじ居鮎ご飯 すしログ日本料理編 No. 174 御料理ふじ居@富山(富山県)

川原町泉屋(岐阜県)

すしログ日本料理編 No. 41 川原町泉屋@岐阜市(岐阜県)

枕流荘京亭(埼玉県)

京亭鮎の塩焼き すしログ日本料理編 No. 177 枕流荘京亭@寄居町(埼玉県)

 

鮎は食べれば食べるほど好きになる魚だと確信する、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA