すしログ:魚好きにオススメ!旅する価値のある鹿児島・鹿屋市の「センティウ(SENTI.U)」

センティウ外観

こんにちは、鮨ブロガーの、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

今回ご紹介するお店は、鮨好きもテンションが上がる魚が美味しいレストランです。

センティウアシアカエビ

場所は鹿児島は鹿屋市!

なかなか遠い場所にありますが、実は、鹿児島空港から70分ほどで行けます。

大隅半島の魚介を駆使し、コースの大半が魚なので、魚介料理好きに強くオススメです!

すしログについて

★全国6,000軒以上を食べ歩く食好き
☆鮨の食べ歩きは15年以上のキャリア
Twitterでは幅広く、インスタでは鮨・魚介料理日本酒
☆「すしログ鮨会」のご案内は、すしログの公式LINEにて
★noteに、各種グルメマガジンを連載しています!

鹿児島県鹿屋市「センティウ(SENTI.U)」の魅力とは?

鹿児島県鹿屋市にある「センティウ(SENTI.U)」さんは、2022年で10周年を迎えるレストランです。

2020年11月までは食べログでもレビュー件数ゼロで、スコアが付いていない状態でしたが、今や3.97まで上がっており、鹿児島県で第3位にランクインしています。

 

シェフの内田康彦氏は佐賀県ご出身とのことですが、マダムの実家の当地で創業したそうです。

そして、地の利を活かして独自の御料理を編み出しておられます。

大隅半島・鹿児島湾の海の幸を活かした御料理は、あえてお伺いする価値があります。

すしログ

鹿児島で魚介類が美味しお店と言えば、「鮨匠のむら」さん一強の状態でしたが、「センティウ」さんも魚好きには堪らないお店だと実感しました!

内田シェフは鹿屋の市場と、鹿児島湾に面して点在する各漁港の漁師から相対取引で仕入れています。

なんと、鹿屋の市場はセリが11時半から始まると聞いた時は驚きました(笑)

 

御料理はイタリアンをベースにしていますが、あたかも和食のような味わいのものもあります。

自家菜園の野菜や山菜も用いることで魚介類の魅力を高めています。

調理の面では油脂や塩分に頼りすぎない味付けをされているため、品数が多くても重くならずに最後まで頂けます。

 

そして、もちろん魚介類の魅力を引き出されています。

【トラガニのリゾット】や【赤海胆のタヤリン】など、地物とイタリアンの融合を見事に果たし、日本らしい郷土イタリアンへと昇華されています。

これぞ、旅行して頂くべき料理!と心から感じた次第です。

 

「センティウ(SENTI.U)」のコースの詳細

「センティウ(SENTI.U)」さんのコースは、以下の3つです。

  • 昼夜共通お任せコース7,700円
  • 昼夜共通お任せコース11,000円
  • 夜のお任せコース15,400円

この度はお昼の11,000円のコースを頂きました。

 

頂いたお任せコースの内容

  • 焼きたての自家製パン
  • 白甘鯛
  • 赤アラ
  • アシアカエビ
  • トラガニ
  • 赤ウニ
  • 黒毛和牛
  • ドルチェ
  • べにひかりの紅茶

 

センティウ蛤

志布志産の天然蛤を使用。

間違いなく県外にほとんど流れない素材から始まり、テンションが上がる。

野菜は自家菜園のものを使用していて、オカノリや素麺カボチャなど楽しい。

味わいとしては和食を思わせる方向性で、蛤の旨味と苦味と香りを楽しませる。

蛤の火入れは柔らか。

オカノリのホロ苦さも寄り添い、爽やかな印象を与えてくれる。

 

焼きたての自家製パン

センティウ焼きたての自家製パン

香りよく美味しいフォカッチャ。

 

白甘鯛

センティウ白甘鯛

白甘鯛にラルド(豚の背脂の塩漬け)を合わせ、落花生ソースを用いた個性的な一品。

味わいは力強いが、決してこってりではない。

ラルドは脂よりも香りを付加する意味で使用している。

よって、白甘鯛の旨味を十分に楽しめて、落花生ソースの香りも強すぎず良い。

枝豆の香りと甘味も良きアクセントだ。

 

赤アラ

センティウ赤アラ

アオリイカ、白ナス、コサンダケ(鹿児島のタケノコ)と合わせている。

赤アラはむっちり感を残したレアな火入れだ。

脂よりも旨味が強い。

とろろんと滑らかな白ナスの甘味と焼き茄子の香りが心地よい。

タケノコの香りと極軽いホロ苦さも魅力だ。

 

アシアカエビ

センティウアシアカエビ

添えている野菜は、つるむらさき、オカワカメ、玉ねぎのピクルス。

野菜のとろみがあるソースは野趣に富んでいる。

アシアカエビは厚みがあり、甘味も強い。

野菜が味わい深いからこそ、アシアカエビの味わいとのコントラストを生み出す。

 

鮎のポレンタ焼き

センティウ鮎のポレンタ焼き

おかひじき、パッションフルーツをあしらい、ソースはセージバター。

鮎の下にはトウモロコシ。

チーズは極少量使用。

ポレンタのザクザク食感に鮎の香りが軽妙だ。

そこにパッションフルーツの香りと酸味が馴染む。

おかひじきのリズミカルな食感も楽しい。

非常に魅力的な一品である。

ただ、個人的な好みとなるが、「鮎の妙味は肝にあり」と考えているので、肝も活用されると更に美味しいと感じた。

 

トラガニのリゾット

センティウトラガニのリゾット

期待を高めるプレゼンテーション!

殻を持ち上げると…

センティウトラガニのリゾット02

リゾットが登場し、意外にもアッサリした見た目だ。

名残の蕨とチャイブを使用。

頂く前からカニの香りが良い。

頂いてみると、甘味も強い。

チーズではなくバターを使用しているため、香りが良く、コクがカニの甘味と合う。

 

赤ウニのタヤリン

センティウ赤海胆のタヤリン

志布志産の貴重な赤ウニを使用!

鱧のブロードと和え、野菜はアーティチョーク。

ウニの甘味が有りつつ、不思議と爽やかに感じるのは、当地のウニのキリッとした香りのためだろう。

しかも、ブロードを使っているのでサッパリと頂ける。

アーティチョークはほっくりとした食感で、香ばしい。

ウニパスタとして上品に仕上げられていて、これは素晴らしい。

 

黒毛和牛・経産牛のサーロイン

センティウ黒毛和牛・経産牛のサーロイン

ここで初めて肉が東条。

ソースは黒ニンニクのソースで、軽めに使用している。

添えている野菜は、セルバチコ、ナスタチウム、フェルネルの花のドライパウダー。

黒ニンニクのソースはパンチがあるものの、フルーティーなので好印象だ。

牛肉はメイラード反応を起こした周囲の部分を落としているので、牛の脂と赤身の旨味をピュアに楽しませる。

牛肉も美味しいのだが、個人的にはいっそのこと魚介類だけでも良いのではないか?と感じた。

希望者のみに肉を提供するスタイルでも十分に通用するし、むしろそっちの方が面白いだろう。

 

ドルチェ

センティウドルチェ

タイムのジェラート、レモンバームのわらび餅、マクワウリとバジルのスープ。

酸味と香りが効果的で、印象深いドルチェだ。

全て美味しいのだが、特にわらび餅が大ヒット。

むっちりしていて滑らかな食感にレモンバームの香りが漂う。

これは和洋折衷のお店らしい個性的なドルチェだ。

 

べにひかりの紅茶

センティウべにひかりの紅茶

ドリンクの選択は無く、地物の紅茶一択というのが潔くて素敵だ。

▲目次へ戻る

 

「センティウ(SENTI.U)」の立地と雰囲気

「センティウ(SENTI.U)」さんは、田んぼに点在する住宅地にあります。

センティウ外観

非常に分かりづらいので、事前にGoogleマップ(ストリートビュー)で確認しておくことを強くオススメ!

自分はぐるっと回りました。

センティウ内観

店内はこぢんまりとしていて、非常に寛げます。

御料理のご提供もテンポ良く、間延びすること無く頂けます。

実に優雅な時間です。

 

「センティウ(SENTI.U)」のお店情報と予約方法

予約については、お電話のみとなっています。

シェフとマダムのお二人で営んでおられるので、営業時間外がベターだと思います。

 

センティウ(食べログのリンク)

店名:センティウ(SENTI.U)

予算の目安:昼夜7,700円、11,000円、夜15,400円

最寄駅:なし

TEL:0994-44-6820

住所:鹿児島県鹿屋市新川町587

営業時間:12:00~13:30、18:00~21:00

定休日:月曜

 

未知の魚介に出会うとテンションが上がる、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA