すしログ:奥出雲で最も郷土感のある蕎麦!「八川そば」

こんにちは、蕎麦の人気を高めたい、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

さて、この度、松江を訪問する機会があったため、ほぼ全ての食を蕎麦にしました。

島根県の名物蕎麦と言えば【割子そば】。

食べ比べをするとお店によって全く異なることに気付き、楽しいです。

すしログ

本記事では、「八川そば」さんをご紹介します。
すしログについて

★全国6,000軒以上を食べ歩く食好き
☆鮨の食べ歩きは15年以上のキャリア
「すしログ」のTwitterでは幅広い情報を、インスタは鮨・魚介料理に絞ってます
☆「すしログ鮨会」やブログに書けない情報は、すしログの公式LINEにて
★noteに、各種グルメマガジンを連載しています!

「八川そば」の魅力とは?

「八川そば」は、奥出雲エリアの中でも出雲横田駅にある蕎麦店です。

2つ先の駅は、松本清張の『砂の器』で有名な亀嵩です。

 

こちらの特長としては、奥出雲で最も郷土感がある点です。

奥出雲の蕎麦店でもユニークなメニューを開発されていて、スペシャリテの名は【ざいごそば】。

【ざいごそば】は出雲蕎麦の名物の一つ「釜揚げそば」をアレンジした独自のメニューです。

 

お店の雰囲気は非常にザックリしていて、町に馴染んでいることが分かります。

【ざいごそば】は県外の人にとっては極めて意表をつかれる蕎麦ですが、中毒性があります。

ゆえに、お昼時はお客さんで賑わっていて、観光客よりも周囲の方が多いところが特徴です。

 

「八川そば」の美味しさについて

【ざいごそば】について、冷たいものと、温かいものを順にご紹介します。

 

ざいごそば(冷)

ざいごそば(冷)

入門編に最適なのが、冷たい【ざいごそば】です。

山菜がたっぷりと乗ったビジュアルが堪りません。

 

具はきんぴら牛蒡、ぜんまい、わらび、山芋、山葵、山椒。

異なる味付けと食感、風味が織りなす独特の味わいに中毒性があります。

 

きんぴら牛蒡は甘めの味付けで、山菜は軽い塩漬け。

ツユを掛けて混ぜて頂くと格別の味わいになります。

ツユを掛ける量、混ぜ加減で自分好みの味に調整出来るところが、心ニクい演出だと思います。

 

ツユは少し甘めで醤油が尖っていない味付け。

この点も郷土性が十分です。

 

蕎麦は東京だと「田舎」と形容される太麺ですが、口当たりが豊かで食べにくさは皆無です。

蕎麦単体ではなく、具と蕎麦の共演で魅せてくれる郷土蕎麦です。

 

ざいごそば(温)

ざいごそば(温)01

個人的にオススメなのが、温かい【ざいごそば】です。

こちらのお店の蕎麦の特徴が活きるように感じるので。

ざいごそば(温)02

蕎麦は熱い蕎麦湯の中で柔らかくなっていますが、蕎麦湯であるが故に混然一体となっています。

そこに、薬味を絡めると更に複雑な味わいに変化します。

 

食感を重視した蕎麦とは真逆の位置に存在する蕎麦。

僕は蕎麦は冷たい方が圧倒的に好みですが、こちらの温蕎麦には驚きました。

他には無い独特の味わいを楽しめ、これぞ郷土料理の魅力!と感じます。

 

お店の難点としては、提供までに時間が掛かる事。

ただでさえ超人気で並ぶ可能性があるので、訪問時間は狙って行った方が無難です。

 

「八川そば」のお店情報

「八川そば」のお店情報です。

 

八川そば(食べログのリンク)

店名:八川そば(やがわそば)

予算の目安:ざいごそば1,150円ほか

最寄駅:八川駅から50m

TEL:0854-52-1513

住所:島根県仁多郡奥出雲町八川99-1

営業時間:11:00〜16:00

定休日:火曜

 

郷土蕎麦は旅の満足度を上げてくれると感じる、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA