すしログ:薩摩川内で訪問すべき牛肉の名店!生産者自ら腕を振るう「のざき」

こんにちは、鮨ブロガー故にたまに牛肉を無性に食べたくなる、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

今回ご紹介する鹿児島の「のざき」さんは全国でも非常に優れた牛肉レストランです。

九州の信頼するグルメ友達からオススメ頂いたのですが、その時に見た料理写真から美味しさを確信。

のざき牛ヒレ肉のローストビーフ01

すしログ

この盛り付けは自信が無ければ出来ません(笑)

結果的に、全国から伺う価値のある味わいに感動を覚えました。

すしログについて

★全国6,000軒以上を食べ歩く食好き
☆鮨の食べ歩きは15年以上のキャリア
「すしログ」のTwitterでは幅広い情報を、インスタは鮨・魚介料理に絞ってます
☆「すしログ鮨会」やブログに書けない情報は、すしログの公式LINEにて
★noteに、各種グルメマガジンを連載しています!

鹿児島県薩摩川内「のざき」の魅力とは?

牛肉料理の名店「のざき」さんは、鹿児島県薩摩川内にあります。

お店の場所が鹿児島市内でない理由はシンプルで、薩摩川内にある牛肉の生産者さんが営んでいるためです。

 

ご主人は「のざき牧場」のご子息です。

「のざき牧場」の「のざき牛」は、日本で初めて個人名を冠したブランド牛です。

4等級以上の黒毛和牛の安定的大量生産を行っておられます。

その数はなんと、5,000頭!(2016年のデータ)

 

ご主人は牛肉の英才教育を受け、5歳の頃にはと殺場に連れていかれたそうです。

「のざき」さんはオープンから既に10年が経過していますが、食べログでは口コミ5件でスコアは3.06です。

しかし、個人的な実感としては、下手に高得点な肉割烹よりも遥かに美味しいと感じました。

 

御料理の魅力としては、牛肉の味わいを活かす繊細な調理と、生産者ならではなボリュームです。

上質な精鋭のお肉を、大ポーションで頂けてしまいます。

コースの内容はシンプルですが、だからこその凄味があります。

 

そして、取り扱うワインも面白く、個性的なラインナップです。

鹿児島では非常に珍しいワインを楽しめる一軒でもあります。

ワインを飲みたいがために、車ではなく、川内駅に宿を取って大正解!と感じました。

 

「のざき」のおまかせコースの詳細

「のざき」さんのおまかせコースは以下の内容です。

  • のざき牛の出汁とスイートコーンのスープ
  • のざき牛ヒレ肉のローストビーフ
  • のざき牛サーロインのしゃぶしゃぶと賀茂茄子
  • のざき牛サーロインのカツレツ
  • のざき牛のすき焼き
  • 土鍋炊きご飯
  • のざき牛のシャトーブリアンステーキ
  • のざき牛と新タマネギ出汁のラーメン
  • アイスクリーム

今回頂いたハイボールとワイン

のざきハイボール

のざきワイン01

のざきワイン02

のざきワイン03

のざきワイン04

のざきワイン05

以上の内容で、1人22,000円弱でした。

立地を考えると高額ですが(笑)、内容としては非常に妥当です。

 

のざき牛の出汁とスイートコーンのスープ

のざき牛の出汁とスイートコーンのスープ

コーンの甘味の中に牛のコクがあり、今後の牛への期待が高まる!

甘くとも目が覚める一杯だ。

 

のざき牛ヒレ肉のローストビーフ

のざき牛ヒレ肉のローストビーフ01

本山葵を提供直前におろし金でおろすところが見事。

昆布出汁で伸ばした醤油とともに頂く。

のざき牛ヒレ肉のローストビーフ

一口目からメチャクチャ柔らかくて感動!

そして、バランスが絶妙だ。

肉の食感、牛肉の香り、脂の甘味、赤身の酸味を全て楽しめるバランスである。

出汁醤油も奏功している。

 

のざき牛サーロインのしゃぶしゃぶと賀茂茄子

のざき牛サーロインのしゃぶしゃぶと賀茂茄子

海胆をあしらい、意外に軟派な気がするも、味わいは硬派だ。

賀茂茄子をとろっとろに仕上げた上に、隠し包丁も入れているのである。

出汁と言い、和食の心得がある方なのだろうか…と感じる。

某肉割烹の技術が低くて失望を覚えた事があるので、これは素晴らしい。

サーロインは香りが良く、甘い。

サーロインの脂が茄子と合うとは新発見だ。

 

のざき牛サーロインのカツレツ

のざき牛サーロインのカツレツ

揚げ方が抜群に巧い。

そして、脂がメチャクチャ旨くて甘い。

美味しいだけでなくワインとの相性が最高で、テンションが上がった。

バルサミコにたまり醤油などをブレンドしたソースも抜群だ。

提供前に4人分かと思いきや2人分の量で、嬉しすぎた。

 

のざき牛のすき焼き

のざき牛のすき焼き

トマトは静岡産アメーラトマト。

「すき焼き」であるが、調味はヘットと醤油、赤ワインのみ。

よって、脂の甘味を楽しめる。

濃厚な卵黄で頂き、強烈な味わいだ。

 

土鍋炊きご飯

のざき土鍋炊きご飯01

万願寺唐辛子と新生姜の土鍋炊きご飯に、サーロインの肉味噌を合わせる。

のざき土鍋炊きご飯02

そもそも、実に香りが良い。

サーロインの肉味噌の塩梅は素晴らしく、余計な要素を削ぎ落としている。

肉を包丁で叩いている。

 

2杯目に卵、3杯目に餡かけ…と味を変えていっても、やりすぎておらず、どんどん楽しくなる。

のざき土鍋炊きご飯03

のざき土鍋炊きご飯04

必然性のあるご飯の味変で、シンプルだからこそ記憶に焼き付く。

 

のざき牛のシャトーブリアンステーキ

のざき牛のシャトーブリアンステーキ01

思わず写真を取りたくなる肉塊だ。

頂いてみると、秀逸。

のざき牛のシャトーブリアンステーキ02

表面はカリカリにメイラード反応を起こさせつつ、中心まで熱を入れてレアに仕上げている。

道具は、鉄のフライパンだ。

のざき牛のシャトーブリアンステーキ03

肉質は恐ろしく柔らかい。

そして、脂が甘くて存在感が圧倒的!

非常に濃厚な味わいのシャトーブリアンである。

塩は広島の淡雪塩を使用。

のざき牛のシャトーブリアンステーキ04

 

のざき牛のシャトーブリアンステーキ04

 

のざき牛と新タマネギ出汁のラーメン

のざき牛と新タマネギ出汁のラーメン

新タマネギの甘味がしっかりと出ていて、牛出汁もバッチリ。

甘味が強めながら、野菜由来であり、バランスも取れている。

 

アイスクリーム

のざきアイスクリーム

ご主人が甘いものを全く食べられない体質とのことで、パックアイスを選ぶスタイル。

しかも、食べ放題(笑)

 

「のざき」の立地と雰囲気

のざき外観

「のざき」さんは駅から10分ほど歩いた場所にあります。

日本家屋を改修した建物で、外観はスタイリッシュ。

 

店内は非常にゆとりがあり、落ち着きます。

のざきカウンター

肩の力を抜いてリラックスできる雰囲気です。

 

2組くらいしか予約を取らないそうなので、ゆったりと御料理を楽しめます。

 

「のざき」のお店情報と予約方法

お店は完全予約制を謳っていませんが、おそらく予約がないと入れません。

遠方から伺う場合は、余裕を持って予約するのが得策です。

 

のざき(食べログのリンク)/a>

店名:のざき

予算の目安:お酒を飲んで20,000円強

最寄駅:川内駅から850m

TEL:0996-25-3001

住所:鹿児島県薩摩川内市向田本町3-13

営業時間:18:00~22:00

定休日:不定休

 

隠れた名店に出会うと感動を覚える、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA