【甘くて美味しい白イチゴ】佐賀・岸川農園の【淡雪】と【さがほのか】

岸川農園

こんにちは、鮨店で上質なフルーツが出てくると笑顔になってしまう、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

冬になると無性に食べたくなるイチゴ。

スーパーにはイチゴコーナーが現れ、かぐわしい甘い香りで魅了してきますよね。

ただ、比較的安いイチゴでもそれなりの価格がする上に、イチゴは味のクオリティにムラがある点が悩ましいところ。

すしログ

ここ数年、「折角なのでイチゴはある程度高価なものを買った方が満足度が高い!」と言う結論に落ち着き、同時に面白い品種があれば試すようにしています。

頂けば頂くほど、ブランドイチゴには逃れ難い魅力がある事を実感しています。

イチゴの日(1月15日)には間に合わなかったものの、この度頂いて美味しかったイチゴが、佐賀・岸川農園さんのイチゴです。

特に【淡雪】は淡白なイメージの「白イチゴ」のイメージを変えてくれるイチゴでした。

 

佐賀・岸川農園さんと【さがほのか】【淡雪】について

岸川農園イチゴ

岸川農園さんは佐賀県杵島郡白石町にあります。

白石町の名産品はイチゴに加えてレンコン、玉ねぎ。

岸川農園さんは【さがほのか】だけでなく、珍しいブランドイチゴを作られている生産者さんです。

今回頂いた【淡雪】に加えて黒いイチゴ【真紅の美鈴】も作られていています。

これらはイチゴ好きやパフェ好きな方ならばご存知かもしれませんが、一般的に知名度が高くないイチゴを頂ける生産者さんです。

 

岸川農園さんは減農薬・減化学肥料での生産を心がけているそうです。

そして、出荷については完熟のもののみ厳選し、早朝に収穫して、その日のうちに出荷頂けます。

岸川農園イチゴ01

さらに、写真だと分かりづらいですが、鮮度保持パック「オーラパック」とイチゴ専用容器「ゆりかーご」を使用されているので、摘みたての鮮度を維持してキズ付くこと無く手元に届くところも嬉しいです。

【さがほのか】について

【さがほのか】は【大錦】と【とよのか】を掛け合わせて2001年に開発された品種です。

産地は名前の通り佐賀県。

一般的なイチゴの中では酸味が控えめなので、甘みを楽しめるイチゴと言われています。

また、果肉の食感は比較的しっかり目なので、大粒でハリがある点、日持ちする点も特徴です。

ちなみに、【とよのか】はある程度の年齢の方には親しみのある品種ですが、最近めっきり見ませんね。

どうやら、【あまおう】の登場によって世代交代が行われたそうです。

 

美味しい【さがほのか】を見分けるポイントは以下の通りです。

  • 粒が大きい
  • 紅色が濃い
  • 色が濃くとも黒ずんでいない
  • ツヤがある
  • 香りが強い

【淡雪】について

【淡雪】は【さがほのか】から誕生した品種で、「白イチゴ」と呼ばれます。

開発の来歴は何と不明!

鹿児島県志布志市の生産者さんが生み出し、2013年に品種登録されたそうです。

現在も栽培している農家は少なく、希少価値が高いブランドです。

一般的に言われる味わいとしては、酸味が少なく、甘みは上品です。

見た目がアッサリしているので、「見た目とのギャップで甘みが引き立つイチゴ」と言う評価が定着しています。

香りもまた上品で、淡いピンク色の見た目と相まって気品のある味と言えます。

ただ、今回岸川農園さんのものを頂き、イメージがとても変わりました!

断面

【淡雪】は断面も淡いピンク色で可愛らしいです(写真左上のものです)。

 

美味しい【淡雪】を見分けるポイントは以下の通りです。

  • へた周辺が最大のポイントで、ボディと同じく淡いピンク色になっている
  • 変色していない
  • 香りが強い

実食!【さがほのか】と【淡雪】を食べ比べ

【さがほのか】は小粒だと1パック700円ほどですが、大粒のものは220g換算で1,600円前後とされます。

また、【淡雪】は形の良いものだと、市販価格は12粒で1,000円~1,500円とされます。

岸川農園さんの【淡雪】と【さがほのか】の各220gセット(3,000円)は大粒のもので揃えているので、お得感があります。

何よりも、実際に頂いてみて、美味しいです。

 

【さがほのか】

さがほのか

酸味が控えめで甘みは強すぎず弱すぎず。

香りはいかにもイチゴらしい香り。

【あまおう】が鮮烈な甘みで個性を確立しているのに対して、【さがほのか】は酸味と甘みのバランスが良く、何粒も食べてしまう味わいです。

練乳などを掛けるのがもったいない味わいのイチゴです。

 

【淡雪】

淡雪

これは美味しい白イチゴ!

過去に頂いた白イチゴは「淡い味」で、正直なところ印象に乏しかったのですが、岸川農園さんのものはしっかりした甘みがあります。

そして、爽やかな酸味が後味を引き締めます。

箱から登場した時の香りもバッチリ。

さらに、頂いた後の余韻の香りも楽しめます。

とにかく、白イチゴとしては甘みが強い点が印象的です。

味も見た目も個性的なイチゴだと実感しました。

佐賀・岸川農園さんのイチゴの入手方法

食べチョクにショップを出されています。

発注後、すぐにご発送頂けました!

岸川農園(食べチョクのページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA