栃木県の日本酒づくりの特徴&オススメ日本酒ランキング【酒ディプロマ対策にも使える】

栃木アイキャッチ

こんにちは、鮨と酒をこよなく愛する、すしログ(@sushilog01)です。

本シリーズでは前回「福島県」編をお届けしました。

さて、いきなりですが、酒クイズ!

  • 福島県のオリジナル酒米と酵母は?
  • 福島県の酒質の評価は?
  • 明治期に福島県で山廃仕込みを開発した人の名前は?

わからない…と言う人は、「福島県」編をご参照ください。

すしログ
すしログ

本シリーズは、都道府県ごとの日本酒の特徴を知りたい方にオススメです!

また、すしログらしく、食の情報も盛り込んでいます。

今回は栃木県の日本酒造りについて解説します!

本記事は、最新情報を得るたびに追記して、より良い内容を目指します!


栃木県の概要

  • 日本酒生産ランキング:全国9位
  • 酒蔵(清酒免許場)の数:40蔵(全国19位)
  • 特定名称酒の比率:28%(全国39位)
  • 酒造好適米生産ランキング:全国18位
  • トップ3の酒米:山田錦、五百万石、とちぎ酒14
  • 有名な銘柄:鳳凰美田、姿、惣誉
  • 全体的な特徴:淡麗甘口

全都道府県の概要についての記事はこちら!

※本記事の情報は『SAKE DIPLOMA教本〔Second Edition 2020年3月〕』に基づきます

栃木県の日本酒造りの特徴

栃木県は、日本酒造りのイメージが弱いかもしれませんが、実は銘醸地です。

日本酒生産量が多い県ですが、観光客が多いため、生産量と消費量が釣り合っているそうです。

栃木県内の法河川は全て一級河川で、水源に恵まれています。

そして、水は適度なミネラルを含み、酒造りに向く水質です。


お酒の味わいについては、きれいな酒質かつ飲みごたえがある味。

辛口系、生酛系、甘酸系、ブレンドによる複雑味重視など、バラエティに富んでいます。


気候的な特徴としては、典型的な東日本型気候で、平野部は放射冷却によって冬の朝が冷えます。

そして、夏は雷雨が多く、冬は晴れが多く空気が乾燥する点が特徴です。

 

栃木県の生産量と酒質について

栃木県の日本酒生産数量は8,417キロリットルで、全国9位でした(2017年)。

酒造好適米の生産量は年間1,113トンで全国18位、国内生産量の1%を占めます。

特定名称の比率は28%(全国39位)で、平均値の42%を大きく下回ります。

生産量こそ多くはありませんが、県オリジナルの酒米「とちぎ酒14(ひとごこち×コシヒカリ)」や「夢ささら(山田錦×T酒25)」を開発しています。

酒米の生産量を上回る酒の生産量を誇るため、酒米は県外から買い入れる蔵が多く、「酒米移入タイプ」の県となります。

 

栃木県の日本酒造りの歴史

栃木県での酒造りは、江戸時代初期の延宝期(1673年〜1681年)にさかのぼります。

会津に向かう近江商人が当地に酒造りをもたらしました。

余剰米も多かったので、古くから栄えたそうです。

  • 第一酒造:1673年
  • 辻善兵衛商店(桜川):1752年
  • 虎屋本店:1788年

そして、現代においては、酒造技術を上げるために下野杜氏制度をスタート(2006年〜)。

養成講座を開催して杜氏を認定しています。

酒造組合を核として酒蔵の団結力もあるため、東北と北陸以外では酒のレベルが上位クラスと言われます。

 

【酒ディプロマ対策!】200字まとめ

対策を兼ねて、200字以内でまとめてみました。

栃木県の日本酒造りは江戸時代の延宝期(1673年〜1681年)にさかのぼる。会津に行く途中の近江商人が酒造技術をもたらし、豊富な水源とミネラルに富んだ水、余剰米が相まって銘醸地となった。2006年に、講習に伴う資格認定の下野杜氏制度を発足し、酒造りが盛んだ。観光客が多いため生産量と消費量がほぼ等しい。酒質はバラエティに富んでいる。酒米は移入タイプとなり、特定名称の比率が28%と低い点が特徴となる。

200字

 

栃木県の日本酒ランキングとオススメのお酒

SAKETIME」さんによると、栃木県の人気ランキングは以下のとおりです。

  1. 七水:虎屋本店
  2. 望 :外池酒造店
  3. 鳳凰美田:小林酒造
  4. 姿:飯沼銘醸
  5. 仙禽:せんきん
  6. 大那:菊の里酒造
  7. 若駒:若駒酒造
  8. 松の寿:松井酒造店
  9. 旭興:渡辺酒造
  10. 忠愛 :富川酒造店

飲んだことがある栃木県の日本酒の記事

そして、本ブログで紹介しているお酒はこちらです。


虎屋本店【七水 純米吟醸 愛山55 EXICITING SERIES】


オススメの日本酒は、どんどん追記していきます。

栃木県の郷土料理とオススメの飲食店

栃木県の郷土料理で僕のオススメは、以下のとおりです。

  • 鮎料理
  • しもつかれ
  • 蕎麦
  • 湯波料理


そして、オススメ&これから訪問したい「日本酒が美味しいお店」は、こちらです。

  • 甜蕎屋 源平(日光市)
  • 日光ゆば 元祖 海老屋(日光市)
  • 一茶庵 本店(足利市)
  • 丸萬寿司(宇都宮市)
  • 鮨 須藤(佐野市)


旅と日本酒は切っても切り離せない!と実感する、すしログ(@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA