酒ログレビュー:天吹酒造【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】

天吹酒造りんごアイキャッチ画像

こんにちは、鮨と酒をこよなく愛する、すしログ(@sushilog01)です。

さて、今回は「天吹酒造」の【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】をご紹介します。

花や果物の酵母を使った日本酒は、必ずしもそのものの香りが立たないものですが、天吹酒造さんのシリーズはバシッと香りが立ちます。

真骨頂はバナナ酵母の純米大吟醸ですが、今回のりんご酵母も結構な個性派。

「面白くて、爽やかなお酒」を求めている方ならヒットするはずです!

すしログについて

★全国6,000軒以上を食べ歩く食好き
☆食べログTOPレビュアー、TVに8回出演
「すしログ」のTwitterにて幅広い情報を発信中
☆インスタアカウントは酒ログでコンパクトに情報発信
すしログの公式LINEにて定期的にイベントを企画
すしログnoteで鮨・グルメに関する記事を執筆

天吹酒造【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】のテイスティングノート(レビュー)

天吹純米大吟醸りんご01

天吹酒造合資会社さんは佐賀県三養基みやき郡にある酒蔵です。

創業は古く、江戸時代元禄年間(1688年~1704年)!

吟醸酒を造れない時代に創業された酒蔵ですが、現在のラインナップはほとんどが吟醸酒です。

しかも花酵母を駆使しているところが、当酒蔵の長所であり個性です。


花酵母については、東京農大の中田久保名誉教授が、1998年に花からの分離に成功した酵母です。

既に30以上の酒蔵が使用していますが、中田名誉教授の「花酵母研究会」の会長となっているのが、天吹酒造さんです。

歴史だけでなく革新を追求されていて、しかも九州の酒蔵というのが面白いところです。


それでは、【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】のレビューに入ります。

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】の色合い

天吹純米大吟醸りんご02

外観は透明感があり、やや淡いグリーンがかったシルバーな色調。硬質な印象をまといつつ、どことなく果物を思わせる柔らかさもある。

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】の香り

香りは吟醸香が強く、ふわっと穏やかなリンゴ感をたしかに感じる。ただ、恐らく多くの人が「リンゴ」と聞いて期待するほどの「リンゴ!」ではない。

どちらかと言うと、リンゴは赤のリンゴよりも青リンゴのような香り。赤もしくは黄色いリンゴの香りはカプロン酸エチルの吟醸香だが、この青青しさがりんご酵母ならではなのかな?と感じた。

そして、実際に味わってみるとイメージ変わり、面白い。

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】の味わい

アタックは軽いが、初手からリンゴっぽい酸味とキリリとした苦味が広がる。そして、意外にも複雑な味わいがどっしりと存在する。ラベルや香りからのイメージを完全に裏切ってくる!バッチリ、パンチがある味わいだ。

しかし、甘みが軽やかにフィニッシュを決め、余韻は決して長くはないものの、舌の側面に苦味がジワジワと広がり、印象を長く感じさせる。

トータルとして、香りよりも酸味の質が「リンゴっぽい」と感じました。温度はいつもどおり香りを取りやすい12℃で頂きました。

飲用温度帯による味わいの変化


温度を上げて飲んでみたところ、低温(8℃〜12℃)の方がバランスが良いと感じました。甘辛酸のバランスが良い。そして、低温の方が酸味がスッキリしていて爽快です。温度が高いと苦味が先行しちゃいます…。

2日目以降の味わいの変化

2日目については、リンゴの皮のような香りが強まり、ちょっと笑ってしまいました(笑) この変化は他にはない面白さです。ただ、味わいは変わらず。強いて言うなら、香りの変化も相まって酸味を素早く感じるようになりました。


さらに数日置いて飲んでみたところ、香りが弱まっているように感じました。じっくりと舌で転がすとリンゴっぽさが高まりますが、意識せずに飲む分には初日が最高潮でした。生のフルーツと同じだなあと感じました(笑)

 

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】と合う料理・食べ物は?

色々合わせてみましたが、なかなか相性が良かったのがブラックオリーブです!しかも、玉子焼きに入れたところ、卵の甘味とブラックオリーブ特有の香りが、当日本酒の味覚と香りに合いました。

玉子焼き01
玉子焼き

お酒の酸味が活きて、フルーティー感が高まります。


もう一つ、最高に良かったのがトウモロコシご飯です。これは最強!!

トウモロコシご飯

トウモロコシの甘味に日本酒の酸味が最高の相性。お酒が冷えている状態で合わせるのがベストです!

 

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】のスペック・蔵元データ

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】のスペックについては、以下のとおりです。

天吹純米大吟醸りんご03
  • 醸造元(製造者):天吹酒造(佐賀県三養基みやき郡)
  • ブランド名:Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母
  • 特定名称:純米大吟醸
  • 原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)
  • 原料米:夢しずく
  • 精米歩合:50%
  • 酵母:りんご酵母
  • アルコール度:16%
  • 日本酒度:
  • 酸度:
  • 価格:1,650円

 

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】の入手方法

天吹純米大吟醸りんご04

【Amabuki 純米大吟醸 りんご酵母】については、ネットで入手できます。

僕は楽天のこちらのショップで購入しました。

天吹酒造さんの変わり種日本酒は人気が高いようなので、在庫に要注意です!

気になる方は在庫がある時に入手するのがベターです。

created by Rinker
天吹
¥1,650 (2022/08/18 13:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

バナナ酵母の純米大吟醸の記事もご参照ください。

天吹酒造バナナアイキャッチ画像 酒ログレビュー:天吹酒造【Amabuki 純米大吟醸 バナナ酵母】


知れば知るほど日本酒が楽しくなる、すしログ(@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA