【希少な国産!】美味しい「辛子明太子」と「いわしめんたい」福岡の島本食品!

島本明太子_アイキャッチ

こんにちは、美味しい明太子は何腹でも食べられる、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

さて、福岡の名物として、真っ先に頭に浮かぶのが【辛子明太子】ではないでしょうか?

なにせ福岡空港でも博多駅でも、すごい数の明太子屋さんを見かけますもんね。

なんと、福岡県には200社以上もの明太子メーカーがあるとされます。

すしログ

僕も福岡に行ったら明太子をほぼ購入します。

また、柳橋連合市場にも足を運び、今までに10社以上食べ比べしました。

 

ただ、あまりにもメーカーが多いので、ネットで購入する時は、どこが美味しいのか分からなくなりがちですよね…

そこで今回、自身の経験から「間違いなし」と太鼓判を押すメーカーをご紹介します!

メーカーの名前は「島本食品」さんです。

島本食品の明太子ご飯

すしログ

明太子を食べこんでいる人でもきっと満足する逸品です。

希少性の高い国産のスケソウダラの真子を100%使用されています!

美味しい国産明太子なら島本!
  • 国産にこだわる島本食品は上品な味の明太子づくりが得意
  • 【いわしめんたい】は今までに食べた中で一番美味しくて感動!

 

希少な国産明太子を作る、福岡の島本食品とは?

島本食品の明太子パッケージ

島本食品さんは昭和51年(1976年)創業なので、一般的な感覚からすると「老舗」というわけではありません。

しかし、明太子メーカーで有名な「やまや」さんが1974年の創業なので、明太子の歴史からすると「歴史がある」といえます。

※ただ、博多明太子の元祖は「ふくや」さんで、1948年の創業になります

 

創業者の島本氏は福岡で誰もが認める食通だったそうです。

食べ歩きが好きな方であったからこそ、明太子の漬けダレを使って魚介類の加工食品も開発し、あっという間に人気を獲得しました。

今でも創業者の精神を守り、繊細な味を維持すべく、機械化せずに手作業で作り続けている点が凄い!

 

このこだわりは確かに味に結実していて、明太子の漬けダレを使った【いわしめんたい】は本当に絶品です。

のちほど詳しくご紹介しますが、「手作業」と「面白いアイディア」が島本食品さんの強みだと感じました。

 

美味しい味を維持するため、県外に店舗を出店しておらず、百貨店にも卸していない点に好感を覚えます。

すしログ

どこでも買える」のは便利かもしれませんが、手作りの逸品については限られたところで買える方が、ありがたみが増しますよね。

それだけ味にこだわっている証拠にもなりますし。

よって、県外から購入する場合は公式オンラインショップ経由となります。

 

次は、美味しさの秘密に迫ってみましょう。

▲目次へ戻る

実は国産はレア!島本食品の明太子の美味しさの秘密

島本食品の明太子02

まずは、実際に頂いて感じた感想をお伝えします!

【オリジナル辛子明太子】の特徴

島本食品さんの【オリジナル辛子明太子】の特徴は以下のとおりです。

  • 粒がきめ細かく、みっちり詰まっている、
  • 粒感を楽しめる
  • 塩気と甘みが穏やかで、ピリリと辛く、上品な味付け

バランスが良く、国産スケソウダラの卵の味を活かす味付けだと感じました。

辛子明太子としては上品な部類ですが、決して満足感が低いわけではありません。

明太子は上品すぎる味だと物足りなさが残るので、この塩梅は素晴らしいと実感しました。

 

味付けが良いので、明太子TKG(卵かけご飯)にすると、悶絶級の美味しさを発揮します。

島本食品の明太子TKG

明太子の味付けが過剰だと、TKGで頂いた時に味が下品になってしまいます(そのまま頂く時も同様ですが)。

しかし、島本食品さんの【オリジナル辛子明太子】は卵やご飯と調和して、格別の味を楽しませてくれます。

 

ちなみに、明太子TKGは濃厚な黄身の卵を使い、ゴマ油を数滴垂らすのがポイント。

香りも味もパーフェクトなTKGが完成です。

お好みで青ネギなどの薬味を使っても◎です。

▶島本食品:オリジナル辛子明太子

国産と外国産の違い

島本食品さんは創業以来、国産のスケソウダラを使った明太子作りを行っています。

意外にも世間では明太子=国産と思っている方が結構いらっしゃいます。

しかし、実際には圧倒的多数がロシア産もしくはアメリカ産のスケソウダラを使用しています。

その理由は国産が貴重であることに尽きます。

島本食品の明太子01

【オリジナル辛子明太子】は、大ぶりでなくとも美味しいところが魅力です。

明太子は大きいものが珍重されがちですが、サイズは味に影響しません。

島本食品の明太子03

頂く前から粒が際立っているのが分かる見た目です。

 

国産のスケソウダラの卵と外国産の大きな違いは、以下の3点になります。

  1. ひと粒ひと粒にハリがあり、際立っている
  2. 硬くなく柔らかい
  3. 鮮度が高いため旨味が抜けていない

ここで個人的に重要だと思うのが、鮮度の高さです。

「何が何でも国産が素晴らしい!」というわけではなく、外国産でも美味しいものはあるでしょう。

しかし、国産は高確率で鮮度が高く、その理由は漁獲後の手当て(処理)が良いのだと思われます。

すしログ

魚介類の加工食品は鮮度が命!

味付けよりも漁獲後の手当てで味が大きく変わります。

▲目次へ戻る

国産の中でも10%未満の「真子」を100%使用!

島本食品さんは国産の「真子」を使用しているため、クオリティと鮮度はバッチリです。

「真子」はスケソウダラの完熟卵で、1年のうちわずか2週間しかとれません。

タラ子は次のように分類されるため、国産の「真子」のみを使用するのが、いかに手間がかかるかが分かると思います。

  • ガム子(未完熟卵)
  • 早真子(成熟卵)
  • 真子(完熟卵)
  • 目付(放卵が始まった卵)
  • 水子(過完熟卵)
  • 皮子(過完熟卵)

「真子」は国産の中でも10%未満とされます。

 

そんな島本食品さんはラインナップが豊富なところも魅力です。

次は、どのような商品ラインナップがあるか、ご紹介します。

▲目次へ戻る

豊富なラインナップの明太子

島本食品さんの明太子は5つあります。

  • オリジナル辛子明太子
  • 昆布漬け辛子明太子
  • 大吟醸仕込み辛子明太子
  • 辛口辛子明太子
  • 噴火湾辛子明太子【期間限定・数量限定品】

【オリジナル辛子明太子】は上記でご紹介した主力商品。

北海道のスケソウダラを秘伝のタレで漬け込んだ逸品です。

▶島本食品:オリジナル辛子明太子

 

【昆布漬け辛子明太子】は羅臼昆布を、【大吟醸仕込み辛子明太子】は福岡の若竹屋酒造場の大吟醸酒を使用していて、【辛口辛子明太子】は辛味を強めたものです。

▶島本食品:昆布漬け辛子明太子

▶島本食品:大吟醸仕込み辛子明太子

 

そして、【噴火湾辛子明太子】は5月〜8月まで期間限定で販売されていて、数量限定のプレミアム明太子です。

▶島本食品:噴火湾辛子明太子

こちらは210gで3,240円とゴージャスな商品になりますが、北海道・噴火湾はミネラル分が豊富でとれる魚の大半が美味しいことを鮨店の食べ歩きで知っているため、頂いてみたい!と感じました。

まずは【オリジナル辛子明太子】を頂き、美味しさを確認したので、次は【噴火湾辛子明太子】かなと。

 

プレミアムな明太子だけでなく、非常にリーズナブルな【料理用めんたい子】などもあり、使い勝手が良いです。

▶島本食品:たっぷり料理用めんたい子 380g

 

▲目次へ戻る

島本食品は明太子の加工食品も美味しい!

食通の社長は、明太子だけでなく明太子の漬けダレを利用した商品も開発されました。

今回頂いて感動したのが、【いわしめんたい】です。

今までで一番美味しい【いわしめんたい】

【いわしめんたい】は鰯に明太子を詰めた福岡名物の料理です。

いわしめんたいパッケージ

島本食品さんのものは可愛らしいパッケージを開くと…

いわしめんたい01

まるまると太った鰯がどーんと現れます。

食べ方は「弱火でじっくりと焼いてください」とのこと。

弱火でジリジリと焼きました。

いわしめんたい02

頂いてみると、本当に美味しかった。

明らかに今までに頂いた【いわしめんたい】で一番美味しいです。

すしログ

ぶっちゃけて言うと、【いわしめんたい】は下品な味が多いのが事実…

しかし、島本食品さんのものは明太子と鰯の両方を楽しめる素晴らしい調理です!

島本食品いわしめんたいご飯

島本食品さんは旬の時期に水揚げされた国産マイワシのみを使用されていて、脂が乗っており、これまた鮮度が良いです。

明太子がたっぷり入っているところも嬉しい。

この【いわしめんたい】を頂いて、他の加工食品も美味しいに違いない!と感じました。

島本食品の明太子加工食品のラインナップ

明太子を利用した主な商品は下記のものがあります。

  • めんたいマヨネーズ
  • イカめんたい
  • 甘エビめんたい
  • ほたてめんたい
  • 鮭めんたい
  • 数の子めんたい
  • 明太のり佃煮
  • 手羽先めんたい

【めんたいマヨネーズ】は大人から子どもまで誰もが好きなアレですね(笑)

▶島本食品:めんたいマヨネーズ

【和え物シリーズ】はどれを見ても美味しそうです!

▶島本食品:明太子の和え物

 

また、【手羽先めんたい】って何!?と思って調べてみたところ、驚きのフォルムでした。

▶手羽先めんたい

これも次回購入する際はマストだな…と感じました。

ビールとの相性が抜群そうなので。

▲目次へ戻る

その他上質な商品を多数取り扱うオンラインショップ

島本食品さんのWEBサイトを見ていると、お腹が空きます。

空腹時はご注意ください。

明太子以外にも魅力的な商品がありましたので、ピックアップしてご紹介しておきます。

「海のもの」と「山のもの」に分けて、九州の美味しい食材・料理を取り扱っています。

島本の海のもの

「海のもの」はラインナップが絞られています。

「銀だら」と「とろ旨さば」の西京味噌漬け、粕漬けがあります。

▶銀だら

▶とろ旨さば

島本の山のもの

「山のもの」は「宮崎県産黒毛和牛(有田牛)タン元」、「博多もつ鍋」、「黒豚しゃぶしゃぶ」と全て魅力的です。

明太子と合わせ買いするのもアリだと思いました。

▶島本の山のもの

 

なお、「宮崎県産黒毛和牛(有田牛)タン元」については力を入れているようで、現在、特設サイトもありました。

▶希少な国産黒毛和牛(有田牛)「タン元」

異常に美味しそうですね。

自社商品だけでなく、九州の生産者と商品を共同開発されているのは素晴らしいと感じます。

ギフト・贈答品も完備

ギフト、贈答品のページもあるので、遠方の方への贈り物に使えます。

▶ギフト用品のページ

▶贈答品のページ

 

ちなみに、現在、「夏の送料キャンペーン」を開催されていて非常に安いので、自宅用、贈答用ともに利用するチャンスです!

▶島本食品:夏の送料キャンペーン

島本の国産明太子が買える場所

福岡市内には、いくつかの直営店があります。

▶直営店のご案内 | 博多辛子明太子の島本

博多駅前にも店舗がありますが、福岡空港には店舗がないので、ご注意を。

 

また、冒頭に記載した通り県外にも出店しておらず、百貨店にもおろしていません。

すしログ

福岡県内でも広告をあまり打たないメーカーらしいので、品質への徹底したこだわりを感じます。

 

なので、県外から購入する場合は直販サイトを利用します。

記事本文中にも各種リンクを貼っていますので、適宜ご要望に応じて活用ください!

▶島本食品オンラインストア

「ひと粒に身をつくす」のキャッチコピーがアツいですね。

 

久々に美味しい辛子明太子を食べて幸せを噛みしめる、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA