【お店そのままの味!文春マルシェ】つきじ治作の【水たき】が感動的な美味しさ!

こんにちは、コロナ禍でECサイトの利用率が急上昇した、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)です。

従来もお取り寄せは好きだったところ、コロナ長期化の影響で頻度が更に上がっています。

頻度上昇の理由は、ネット上での取り扱いアイテム数が増えたこととともに、各社・各店が更に美味しいアイテムを開発していることなのではないかと思います。

そして、ECサイトも数多く生まれていますが、後発ながらに魅力的なアイテムを展開するのが「文春マルシェ」です。

お店そのものの味を楽しめて、特につきじ治作の【水たき】は感動的な味でしたので、ご紹介します!

 

文春マルシェとは?

言わずと知れた文学・言論の雄である文藝春秋さんが展開するECサイトです。

https://shop.bunshun.jp/store/top.aspx

サービスのローンチは2020年10月1日。

ECサイトとしては後発ですが、「おいしいは、ニュースだ!」をテーマに、独自の路線で展開されています。

個人的に(食材系ではなく料理系の)ECサイトの魅力としては、「どこのお店か?」と「他で食べられない料理か?」が重要なファクターだと思います。

文春マルシェは重鎮出版社だけに老舗飲食店との提携をされつつ、同時に「味坊」や「ラーメン凪」などの幅広い年齢層から愛される名店のアイテムも取り扱っている点が特徴だと感じます。

お店と共同で独自アイテムの開発もされていて、アイテム数が増えているので、今後の動向が気になります!

文春マルシェで頂いたアイテム

さて、今回頂いたアイテムは下記の通りです。

  • つきじ治作 水たきセット 2〜3人前¥5,900
  • 和歌山笹一 蒸し鮨(ぬくずし) 4個¥4,482
  • 雪月花カレー¥3,240

それでは、順にご紹介してまいります。

老舗料亭そのままの味!つきじ治作【水たきセット】

つきじ治作さんは、東京の築地にあり、広大な敷地と優雅な建物を持つ老舗料亭です。

阿波尾鶏(徳島の地鶏)を用いた贅沢な水炊きがスペシャリテです。

すしログ:都心で非日常を味わえる老舗料亭【水炊き】が名物の築地・治作(じさく)

お店で頂く場合、1人15,000円〜30,000円ほどの価格になりますが、お取り寄せは何と5,900円です。

しかも、2〜3人分!

結論から言うと、質も量も申し分なく、純粋に水炊きとしてハイレベルな内容だと感じました。

水炊きが好きな方は、頼んで絶対に後悔はありません。

治作手紙

同封されている手紙が素敵です。

治作箱

箱も素敵なので、プレゼントにもバッチリです。

治作内容

同梱されている食材。ポン酢と柚子胡椒まで、全て化学調味料や保存料が無添加。

水炊き01

鍋は4人用ですが、たっぷり入っていて驚きました!

鍋や麺類でスープが少ないと非常に残念な気持ちになるものですが、治作さんは逆にたっぷりで大丈夫ですか??と心配になるほどです(笑)

水炊き02

お店では最初にスープから頂くので、家でも同じお作法で…初手から感動モノの味わいです。

水炊き02

鶏も流石に阿波尾鶏だけあって、存在感のある味わいです。

水炊き04

家ならではな楽しみとしては、好きな具を投入できるところ。

お店では鶏以外はシンプルに玉葱のみなので、お取り寄せならではな楽しみが出来ます!

水炊き05

椎茸に加えて、キャベツは相性が抜群でした。

白菜よりも水分が出ない(スープが薄まらない)ので、ご自慢のスープを満喫できます。

うどん

〆のうどんも完成度が高く、細麺でコシのあるうどんは別腹で入ります。

コシに加えて口当たりも滑らかなうどんは冷凍モノとは思えないほどに美味しいです。

雑炊

残ったスープを使って翌朝に雑炊を作りました。

1滴たりとも残したくない秀逸なスープです。

 

ちなみに、使用する鶏が高級な地鶏なので、お肉のボリュームに関しては上品です。

なので、鶏肉をたっぷり食べたい方は、リーズナブルな鶏を買ってくるのがベター。

下茹でした後に投入すると、スープの威力で美味しさが引き上げられるはず!

和歌山笹一の【蒸し鮨(ぬくずし)】

郷土寿司の種類が多く、実は「寿司王国」である和歌山県。

笹一さんは1975年に創業された郷土寿司の人気店で、僕も現地で鯖棒寿司を頂いたことがあります。

文春マルシェで頂ける寿司は関西らしい「蒸し寿司」です。

「ぬくい」=「温かい」と言う方言から「ぬくずし」と呼ばれる家庭的な郷土寿司ですが、笹一さんの「ぬくずし」は具材がゴージャスです。

海老、帆立、季節の白身魚、イカ、焼き穴子などが使われていて、椎茸、絹さや、銀杏など、具だくさんな蒸し寿司です。

蒸し寿司

こちらも梱包が上品なので、プレゼント利用が可能です。

蒸し寿司02

冷凍の寿司(酢飯)って美味しいの!?と思われるのではないでしょうか?

僕自身、不安でした。

蒸し寿司

しかし、セイロで蒸して頂いてみたところ、バッチリ美味しい。

関西らしい甘みのある酢飯は蒸して温めることで常温とは異なる魅力を持ちます。

京都では冬の風物詩とされるだけあり、冬に頂くと妙に癒やされるのですよね。

京都以外で頂いても嬉しいものです。

酢飯の量は上品なので、朝に頂いたり副菜とともにヘルシーに頂けます。

ちなみに、セイロでなく電子レンジでも問題無いようです。

高級牛肉料理店のビーフカレー【雪月花カレー】

雪月花01

岐阜県から全国に展開する和牛料理の名店、雪月花。

銀座では「肉屋 田中」の屋号でカウンター8席のみの最上級肉割烹を営んでおられます。

これらは客単価が40,000円〜50,000円の高級店になりますが、お取り寄せのカレーは1人1,620円で楽しめます。

レトルトのカレーで1,620円はそれでも高級ですが、使用している牛肉が凄い。

なんと、パッケージには牛の個体識別番号が記載されています(笑)

雪月花02

お店では純但馬系特産松阪牛、神戸牛、近江牛、飛騨牛、山形牛などの銘柄牛を一頭買いで落札しているそうですが、レトルトカレーにも妥協されていません。

 

その結果、紛れもなくレトルトカレー離れしたビーフカレーになっています。

雪月花03

レトルトにありがちな油脂は控えめなのに、コクがもの凄い!

牛と果物ピュレの旨味とコクが強く、甘みがありつつご飯に合うハイレベルなビーフカレーに仕上げています。

牛肉の量も申し分なく、どこをすくっても牛肉の繊維がスプーンに泳ぎます。

カレーの量は一般的な量なのに、旨味が強いので満足感が非常に強いです。

体育会の学生ならば、これでご飯を1合以上軽く行けてしまうでしょう(笑)

まとめ

この度頂いたものは取扱いアイテムのうちの一部ですが、上質なものを取り扱っていると実感しました。

「特別感のあるお取り寄せ」をしたい方には最適だと思います。

文春マルシェのリンク

ちょっとした小技として、検索ボックスで「限定」と検索すると、文春マルシェ限定のアイテムがヒットします。

ますますお取り寄せにハマる、すしログ(f:id:edomae-sushi:20201002142555p:plain@sushilog01)でした。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA